不思議な少年 (岩波文庫)

制作 : Mark Twain  中野 好夫 
  • 岩波書店
3.73
  • (74)
  • (100)
  • (140)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 821
レビュー : 101
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003231111

作品紹介・あらすじ

16世紀のオーストリアの小村に、ある日忽然と美少年が現われた。名をサタンといった。村の3人の少年は、彼の巧みな語り口にのせられて不思議な世界へ入りこむ…。アメリカの楽天主義を代表する作家だといわれる作者が、人間不信とペシミズムに陥りながらも、それをのりこえようと苦闘した晩年の傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 早急に生き方を変えたくなる一冊。(変えたくなる止まりだったが…)

  • 「人生そのものが幻じゃないか」
    「あるものは君だけなんだ」
    人生や世界が自分自身がつくりだした幻にすぎないとして、それならどうして自分の人生の中身に喜びだけでなく悲しみなどの負の感情が多いのか。そのようなことは決して望んでいないはずだ。もしかしたら、悲しみは決して否定的な要素ではなく、あくまでも喜びを相対化させるために存するだけの要素なのかもしれない。そうすれば自分の作り出した自分の世界の悲しみにも何か積極的な意味を見出せるのかもしれない。というようにあっさりと最終的に自己を肯定してしまって完結していいとは思えず、肯定も否定も全てひっくるめて幻の人生であり、独我論なんだろう。そもそも独我論というカテゴライズされる話ではないという感想もよぎるが、やはりこの小説の最後の主題はキリスト教的な倫理観と鋭く対立する個々の主体を考えさせる独我論だと思った。

  • 人間に対する徹底したペシミスティックな視点



    「君たち人間の進歩ってやつは、どうもあまり感心しないね。もう一度新たに出直すことだな。」p182



    生まれ落ちたが最後なんです。

  • この物語は、善良な神の摂理、魂、死後の世界、そして、現実そのものさえも「なにも存在せず、すべては夢である」と否定する。そこには晩年、最愛の人を亡くし、金銭的な損失を被り、健康を害したマーク・トウェインの悲観と絶望が反映されている。

    それにも拘わらず、結果として得られるものは、人類を啓蒙する哲学的な教訓である。不思議な力を持つサタンと素朴な少年との間で続くソクラテス的な対話の中で、読者は少年の驚きと不安を共有する。

    人間性に関する深い考察を含むこの作品は、自分自身を正すマニフェストのお手本にしてもいいかも。


    ちなみにこの作品、トウェインの死後に伝記執筆者が、彼の三種類の異なった原稿に加筆をしてつなぎ合わせ、真作であるかのように発表した贋作なのだとか。でも面白かった。本物の作品「不思議な少年44号」は、またの機会に。

  • 『オーストリアは世界から遠く離れて、眠っていた。』というメルヘン風の導入で、この眠りが妨げられるような事件がひとりの人物によって巻き起されていくのだろうと予期させる冒頭の掴みはよかったのだが、肝心の事件も登場人物も表面的な書き込みにとどまっており、いまひとつだった。

    悪魔の甥であるサタンと名乗る自称天使が、ちいさな村の少年たちと交友を持ち、やがて少年含む村人たちを混乱に陥らせていくという魅力的なプロットだが、単純にストーリーの展開にしても思想の掘り下げにしても設定を活かしきれずに力尽きたようなきらいのある大変惜しい作品だった。

    堕天したルシファーの二番目のお気に入りだったというサタン。(聖書に明るい読者なら一番が誰なのかおそらく見当がつくのだろう)
    名前こそサタンだが彼自身は天使だと自称し、自らの一族をエリートとして誇りに思っている。サタンにとっての人間は、殺し合いや足の引っ張り合いをしてばかりのマヌケ集団、等々。
    いくらでもおもしろくできそうな設定に満ちてはいるのだが、本編には描写というのが欠けているきらいがあり、サタンの冗長ともいえる長ゼリフで占められている。一方的な説教はブラッシュアップされておらずセリフのキレの悪さといい展開といい不満が残る。
    なにより三人いる少年のうちひとりは中盤あたりから忘れさられたかのように出てこなくなる点も、ひとつの作品としてはあまり練られていないと感じずにはいられなかった。冒頭でわざわざ紹介された少年たちの親の職業、オルガン演奏者(主人公の親のみ教会と関わりがある)、判事、宿屋が物語に絡んでくることもなく、村にいる二人の司祭(一方は悪魔を撃退した伝説を持つアドルフ神父、もう一方はアドルフ神父ですらおののく星占師をおそれないピーター神父)というように設定上では意味深長に属性を分けたにも関わらずさしたる活躍もなく終わる、悪魔と関連があるとされる伏線もうやむやとなる。

    ラストのなにもかも幻であるという夢オチ。どんな人間も妄想のなかで生きざるを得ない。自分の想像、固定観念を通してでしか世界を見れない。あの世はない、だからもう会うことはない。こういった思想をセリフで全部説明するのでなはく、もう少し描写として提示してくれたほうが個人的には好みだったし刺さったと思う。

    ところで一貫して人間はアホだと主張するサタンが、なぜそのアホな人間の少年たちを取りなしてまで話し相手になってもらいたがったのか。もしかして適当な人間を見繕っては人間は愚かという説教を延々繰り返しているのだろうか。そうだとしたら飽きないのだろうか。そもそもこれらはすべて夢だというが、元々写実性のないタイプのファンタジー小説でそんなことを言われても、そんなものは大前提の上ではないのだろうか。

    しかし、殺人・拷問・迫害を人間のやることではないと非難する主人公に対して、サタンの「いかにも人間らしい」という返しはよかった。馬も犬も手の込んだ拷問はしない。人はよく残酷な人間の行いを非人や鬼畜と非難することで、意識的であれ無意識的であれ畜生(動物)へ人の罪を押しつけかのような言説をする。残虐で陰湿、これが他の動物などではなくまさしく人間の一面であることは確かだ。何気なく使っている言葉の意味を考え直す必要を感じた。

  • 人間でいることが罪のように思えてくる。やたらと人間非難する少年。これを書いた時期の作者の気持ちが入り過ぎているであろうと思われる。
    人間不信に陥っているからこそ書けた作品。
    少年がとても魅力的。

  • 神と人間に対する深い不信。

  • ここまで人間の悪辣な畜生以下の精神を朗らかに開けっぴろげに書いた本があるだろうか。不思議な少年、天使であるサタンの語る人間は蠅のような鼠のような虫ケラのような存在である。何をしようと怒る気もないし、同情するなど次元が違うから不可能なのだ。ペットのように好きになることはできても、愛するなどあり得ないのだ。
    良心なんてものがあると思っているから人間は尚のこと獣よりタチが悪いとサタンは言う。我々の信じているものの根幹を揺さぶる発言は、最終章ついに自分という思惟以外存在しないという極端にストイックな思想展開に至る。

    生前日の目を見なかった作品群を大幅な編集により作られた作品とのことで批判もなされているが、一読した完成度は高いと感じた。人間が高尚なものだと頭から信じる愚かさを突きつけられる作品。

  • 不思議な少年サタンくんに例によって「知った風な口を!」と思いながら読んだのだが、これはキリスト教圏ならではの発言なのかもしれないと感じた。

    ゾウがアリを気にするだろうか?みたいなセリフは、米粒の一粒一粒にも神が宿るという日本的考え方では共感しづらい。『気にすることもありえる』と考えてしまう。

    また何でも見透かし何でもすぐ分かる少年が、少なくとも主人公の悩みが分からないことが理解できない。悪意という概念はないとのことだが、むしろどうなるか分かっててやってるので結果論でいえばそれは悪意と言えませんかね。

    「何でもカテゴライズしようとする。人間の悪い癖だね」とでも言いそうだが、まさにその言い方が人間ぽいんだよなあ(まあ作者がただの人間なのでそうなるんですが)

全101件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

マーク・トウェイン 1835年ミズーリ州フロリダに生まれる。4歳のとき、ミシシッピ川沿いの村に移り住み、自然に恵まれた少年時代を過ごす。12歳で父親を亡くし、生活のために印刷工、蒸気船の水先案内人、新聞記者など様々な職業についたが、やがて『トム・ソーヤーの冒険』『ハックルベリー・フィンの冒険』『王子と乞食』など多くのすぐれた作品を世に送り出し、アメリカの国民的作家となった。

「2019年 『さらわれたオレオマーガリン王子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

不思議な少年 (岩波文庫)のその他の作品

不思議な少年 (岩波文庫) Kindle版 不思議な少年 (岩波文庫) マーク・トウェイン

マーク・トウェインの作品

不思議な少年 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする