エミーリア・ガロッティ ミス・サラ・サンプソン (岩波文庫)

著者 :
制作 : Gotthold Ephraim Lessing  田邊 玲子 
  • 岩波書店
3.63
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003240441

作品紹介・あらすじ

「薔薇の花が一つ、手折られました、嵐が花を散らすまえに」-日々に倦んだ小国の公子が、婚礼を控えた清純な乙女に一目惚れして…。啓蒙の雄レッシング(一七二九‐八一)が、恋の情熱を鋭い社会批判とともに描いた「市民悲劇」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 学生の時、授業で読んで以来数年ぶりの再読。個人的にはミス・サラ・サンプソンの方が良かった。あと、訳者解説のレッシングの生涯が思いの外激しくて面白かった。

  • 結局、エミーリアが好きなのはだぁれ?

    なんて。
    純潔を守るために死を選んだ彼女の気持ちは、凄くわかる。
    でけど、王に恋をしてしまったのを隠し償うためであったら。
    ・・・前者であってほしいのだけれども。

全2件中 1 - 2件を表示

レッシングの作品

ツイートする