ヴィルヘルム・マイスターの修業時代〈中〉 (岩波文庫)

著者 :
制作 : Johann Wolfgang Goethe  山崎 章甫 
  • 岩波書店
3.77
  • (14)
  • (6)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 144
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003240533

作品紹介・あらすじ

「憧れを知る者のみが、わが悲しみを知る」ミニヨン竪琴弾きの哀切を帯びた歌の調べ。『ハムレット』上演を機に、ヴィルヘルムは演劇の世界について様々に思いを巡らせる。本巻には作全体に豊かな厚みを与え、一収束点をも成す「美わしき魂の告白」を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ハムレット批評と演劇論、小説と戯曲の違いについてなどの文学論が興味深い。章の最後の手記は違和感がある。本編とどう関わるのだろう?

  • やはり面白い。個人的にはミニヨンは一体何者になるのだろうか?
    完全に劇団員の俳優としてその能力を発揮しつつあったヴィルヘルム。伯爵相手の劇は成功し、意気揚々と次の公演のために出発するが夜盗に会い怪我をする。
    しかし、ヴィルヘルムは知己を得たゼルロとの交流から再び公演することができるようになった。

    しかしゼルロの妹が死ぬし、やはり近代の作品だからか、とにかく人が亡くなっている…

  • 私を導き、いつも正しい道を歩ませてくれるのは、私の心のうながしなのです。
    選択し、行動する者にのみ人生は与えられる。
    私は人生は贈り物だと感じながら生きたい。

    ハムレットをまた読みたくなった。
    本を読んでいる時、絵を見ている時、自分が何を感じているのかには注意を払うけれど、作者がその時何を考えていたかにはあまり関心を払ってこなかった。

  • 『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』のうち、第4~6巻を収める。第6巻は「美わしき魂の告白」という、ある婦人の回想録に当てられている。この短編こそ、ヴィルヘルムがいよいよ人間性の完成のために旅に出たことを予告するものに他ならない。

  • あまりおおっぴらに苦悩しなくなったヴィルヘルムさんにがっかり。
    が、唐突に始まる中編最後のとある女性の独白はかなり面白い。

  • ゲーテ「ヴィルヘルム・マイスターの修行時代」(中)読了。この巻は「ハムレット」を知らないとついていけないのだが内容はもう忘れてたので…

  • 憧れを知る者のみが、わが悲しみを知る」ミニヨン竪琴弾きの哀切を帯びた歌の調べ。『ハムレット』上演を機に、ヴィルヘルムは演劇の世界について様々に思いを巡らせる。本巻には作全体に豊かな厚みを与え、一収束点をも成す「美わしき魂の告白」を収録。

全7件中 1 - 7件を表示

ヴィルヘルム・マイスターの修業時代〈中〉 (岩波文庫)のその他の作品

Wilhelm Meisters Lehrjahre (2) ペーパーバック Wilhelm Meisters Lehrjahre (2) J.W.ゲーテ
Wilhelm Meisters Lehrjahre ペーパーバック Wilhelm Meisters Lehrjahre J.W.ゲーテ
Wilhelm Meisters Lehrjahre: Ein Romanの詳細を見る ペーパーバック Wilhelm Meisters Lehrjahre: Ein Roman J.W.ゲーテ

J.W.ゲーテの作品

ヴィルヘルム・マイスターの修業時代〈中〉 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする