美と芸術の理論―カリアス書簡 (岩波文庫 赤 410-2)

著者 : シラー
制作 : 草薙 正夫 
  • 岩波書店 (1974年6月17日発売)
3.62
  • (2)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :47
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003241028

美と芸術の理論―カリアス書簡 (岩波文庫 赤 410-2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 美の考え方を学んだ良書。

    「自然はそれが芸術のように見えるとき美わしく、芸術はそれが自然のように見えるとき美わしい」 by カント

  • 目次
    一七九三年一月二十五日
    一七九三年二月八日
    一七九三年二月十八日
    一七九三年二月十九日
    一七九三年二月二十三日
     (1) 現象における自由は美と同一である
    一七九三年二月二十八日
     芸術の美

    解説―シラー美学と「カリアス書簡」(草薙正夫)

  • 卒論のために購入。しかし、俺がやるのはシュルレアリスムだ。
    適応できるのだろうか。
    はてはて。

全3件中 1 - 3件を表示

シラーの作品

美と芸術の理論―カリアス書簡 (岩波文庫 赤 410-2)はこんな本です

美と芸術の理論―カリアス書簡 (岩波文庫 赤 410-2)を本棚に登録しているひと

ツイートする