牡猫ムルの人生観 (上) (岩波文庫)

著者 : ホフマン
制作 : 秋山 六郎兵衛 
  • 岩波書店 (1956年12月5日発売)
4.33
  • (6)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :55
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003241431

牡猫ムルの人生観 (上) (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ざっくりわかりやすく言うとドイツ版「吾輩は猫である」ですが、漱石よりもホフマンが先。猫自身が書いた自叙伝という体裁をとっていますが(ムルくんは自分でペンとインクを使って文字を書けるんです!)それだけでなく、ムルが執筆しながら吸い取り紙として勝手に使った別の著作(楽師クライスラーの伝記)が紛れ込んでいて、猫の自伝と楽師の伝記が交互に進行するという構成。

    このクライスラーとムルは全くの他人というわけではなく、ムルの飼い主アブラハム先生(職業はいまいち謎だけど奇術師?)が、弟子のように可愛がっているのがクライスラーなので、両者には一応面識があり、ストーリーも微妙に重複しつつ進んでいきます。

    ムルくんはとってもお利口ですが、読書家で勉強家ですから少々理屈っぽく、詩人でもあるので表現が大仰で難解、自尊心も強いので、もし人間だったとしたら少々おつきあいし難いタイプ(苦笑)。親友は犬のポントーくんですが、こちらはさすが犬族だけあって処世術に長けており(飛躍しますが、さながら「失恋ショコラティエ」のサエコさんもかくや、という自分の可愛さを熟知したうえでの人間への媚にポリシーを持っていて素晴らしい)ムルくんより一枚上手。白い美猫のミースミースと恋に落ちたり結婚したり浮気されて離婚したり、ムルくんにはさまざまな試練が。

    一方楽師のクライスラーのほうは、なんだか人間関係が込み入っていてややこしい。といっても堅苦しい話ではなく(どちらかというとムルの語りのほうが堅苦しい)、ムルの飼い主でありクライスラーの師匠筋であるアブラハム先生のキャラなんかは、いかにもホフマンらしい、「砂男」のコッペリウスにも通じる胡散臭さ。

    翻訳が古い(初版は1935年)のでちょっと読みづらい部分もあるんですが、下巻でどうなるのか続きが楽しみ。

全1件中 1 - 1件を表示

ホフマンの作品

牡猫ムルの人生観 (上) (岩波文庫)はこんな本です

牡猫ムルの人生観 (上) (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする