冬物語―ドイツ (岩波文庫)

著者 :
制作 : 井汲 越次 
  • 岩波書店
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003241875

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ハイネ自身による「夏の夜の夢(アッタ・トロル)」に対する、「冬物語」です。
    当然ながらシェイクスピアをじゅうぶんに意識していると同時に、まずは自身の夏に対して「冬」です。
    亡命詩人としてのハイネの生涯には、ごめんなさい、あまり詳しくありません。
    むしろ、歌曲のテキストにたくさん取り上げられている、「浪漫主義的詩人」としての印象のほうが先でした。
    この叙事詩は、「禁書・焚書にあいなかがらも愛読された」そうですね。
    『アッタ・トロル』のように微笑みながら読むことはできませんが、これもまた、ハイネでしょう。

    何年前でしたっけ、「冬物語」という銘柄のビールが販売されましたね。
    あのコマーシャルを見ながら、シェイクスピアではなくハイネのほうが先に脳裏を過りました。
    「ビールだからドイツ」だったのかな……??イギリスのビールも美味しい(らしい)けれど、ねえ。

全1件中 1 - 1件を表示

ハイネの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

冬物語―ドイツ (岩波文庫)はこんな本です

冬物語―ドイツ (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする