ザッフォオ (岩波文庫)

制作 : 実吉 捷郎 
  • 岩波書店
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003242339

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • レスボス島を舞台に、サッフォーをテーマにした、たぶんウクライナの映画、なんて名前だったっけ。あれを観て登録した。今でも主人公が死んだことに納得いってない。

  • ギリシアの女性詩人ザッフォオを主人公とする恋愛悲劇。

    芸術家は俗世に場所をもち得ぬものなのか。

    "ここはわたしの住むべき場所ではない。ただ墓場となるだけだ。/およそ神々の手で、神々に属するものとしてえらびぬかれた者は、/地上の住人たちの仲間入りをしてはならないのだ。/人間の運命と人間を超えた者の運命とは、/決してひとつ盃の中でまざり合うことはない。"(「第三幕」)

    "――あの方の故郷はこの地上にはなかった。/ザッフォオさまは御一族のもとへお帰りなされたのだ。"(「第五幕」)

    実吉捷郎の訳文が好きだ。ドイツ文学は全てこの人の翻訳で読みたいくらい。

  • 時々読みたくなります。

全3件中 1 - 3件を表示

グリルパルツェルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする