花―他二篇 (岩波文庫 赤 430-2)

制作 : 番匠谷 英一 
  • 岩波書店 (1939年12月14日発売)
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (108ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003243022

花―他二篇 (岩波文庫 赤 430-2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『花』『死人に口なし』『盲のジェロニモとその兄』収録。
    三作とも短いですがおもしろかったです。しかし旧字体で少々読みにくかったので星4つ。まああまり気になりませんが。

    『花』…毎月届く元恋人からの花。その元恋人の死後に届いた最後の花を見て、その女が花に重なって見え、思い出される。
    『死人に口なし』…秘密の関係にある、男と人妻が乗る馬車が事故を起こす。女は動かない男を置いて一人その場を去るが、良心の呵責と外聞の間で苦しむが…。
    『盲のジェロニモとその兄』…ジェロニモを盲目にさせてしまった兄はいつも負い目を背負っていた。兄は嘘をつかず接するが、盲目ゆえに弟は信じない。ぎくしゃくする二人だが、あることで兄は弟を思い嘘をつく。その真実が知られるとき、弟は初めて兄を信じる。

    シュニッツラーの他作品にもある、自らの内の精神性がいつのまにか現実に滲み出るような雰囲気がはじめの2つにはあります。
    3つめは、なんと言えばよいのかわからないが、誠実ということについて考えた。

全3件中 1 - 3件を表示

シュニッツラーの作品

花―他二篇 (岩波文庫 赤 430-2)はこんな本です

花―他二篇 (岩波文庫 赤 430-2)を本棚に登録しているひと

ツイートする