花・死人に口なし 他7篇 (岩波文庫)

制作 : 番匠谷 英一  山本 有三 
  • 岩波書店 (2011年7月16日発売)
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :60
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003243060

作品紹介・あらすじ

19世紀ウィーンを体現する愛欲と情緒の作家シュニッツラー(1862‐1931)。彼は、愛し、悩み、裏切られ、死んでいく人間たちを倦むことなく描き続け、メランコリックな情調を漂わせて人生の儚さを強く印象づけた。表題作の他に、全9篇を収録。

花・死人に口なし 他7篇 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ◆きっかけ
    沢村貞子『老いの楽しみ』p97で、沢村さんが
    「お互いにたすけあう人間の愛情を、シュニッツラーの『盲目のジェロニモとその兄』やO・ヘンリーの『最後の一葉』など、たくさんの本が教えてくれた。西鶴・一葉・緑雨から、ドフトエフスキー、チェーホフ、ゾラなど……文字通りの乱読だったけれど、おかげで、一生懸命、考えたり悩んだりして、どうにか自分なりに生きてきた私に、すこしも悔いはない。 若いときから、読者の習慣が身についたことを、いまも、何よりの幸せ、と思っている。」
    と書かれていて、気になって。2017/12/18

  • 好きな雰囲気。やっぱりこの時期のはいいなあ

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。
    通常の配架場所は、開架図書(1階) 請求記号:943.7//Sc5

  • 岩波文庫:赤 080/I
    資料ID 2011200224

全4件中 1 - 4件を表示

シュニッツラーの作品

花・死人に口なし 他7篇 (岩波文庫)はこんな本です

花・死人に口なし 他7篇 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする