車輪の下 (岩波文庫)

  • 岩波書店
3.57
  • (56)
  • (93)
  • (161)
  • (9)
  • (5)
本棚登録 : 812
レビュー : 93
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003243527

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • へっせ!

  • 青春の真っ只中で、夢中で読んで、最後に泣いた。

  • ガラス玉演戯と同様、主人公は不慮の死を遂げる。
    主人公がそこで死ななければ、
    そこからどのように生きたならば、
    何が起これば
    その魂が救われたのだろうかと、
    何度も考えてしまった。

  • 敢えて深読みせずに感想を一つ。
    救われねぇ。

全93件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

ヘルマン・ヘッセ(Hermann Hesse)
1877~1962年。ドイツ、バーデンヴュルテンベルク州生まれ。詩人、作家。1946年ノーベル文学賞受賞。代表作に『青春彷徨』(『郷愁』)『車輪の下』『デーミアン』『シッダールタ』『荒野の狼』『ガラス玉遊戯』などがある。

「2019年 『文庫 愛することができる人は幸せだ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヘルマン・ヘッセの作品

ツイートする