愉しき放浪児 (岩波文庫)

制作 : 関 泰祐 
  • 岩波書店 (1952年11月5日発売)
4.75
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 19人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003245620

愉しき放浪児 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1826年作。「のらくらもの」(だったかな)といった邦題で訳出されたこともありますね。叙情的で朗らかな雰囲気にみちたこの作品は、タイトルだけで手に取ったとして、読者を暗澹たる気持ちにはさせないでしょう。「あなたからアイヒェンドルフという名を聞くなんて」と言われたことがありますが、当時は岩波文庫所収のものは、かなり手に入れたのですよ(赤帯に偏っているけれど)。お昼ご飯を節約して買うには文庫しかなかったし、その頃はまだ「岩波ならあるレベルは越えているだろう」という安心(信仰?)があったからです。総じて、そのことに大きな後悔はしていません。殊にあっというまに入手困難なものも増えましたしね。ここいらを踏まえていて新訳に臨めば、私なりの受け止め方、褒め方(逆もまた)もできるというものです。

  • 後期ロマン派を代表する作家。田舎の青年がバイオリン片手に放浪の旅に出るお話。軽快な文章と爽やかな自然描写、嫌みのないユーモアで、非常にさくさく読める良作。また、話の構成としても、作中の様々な不可思議な現象が、最後の最後ですべて一本の筋に収束していく筋運びは巧妙。
    分量も130ページと短く、気軽に心地いい読書時間を得ることができる。

全2件中 1 - 2件を表示

アイヒェンドルフの作品

ツイートする