チャンドス卿の手紙 他十篇 (岩波文庫)

制作 : 桧山 哲彦 
  • 岩波書店
3.56
  • (5)
  • (3)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 82
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003245712

作品紹介・あらすじ

何ごとかを語ろうにも「言葉が腐れ茸のように口のなかで崩れてしまう」思いに、チャンドス卿は詩文の筆を放棄する。-言葉と物とが乖離した現代的状況をいち早くとらえた「チャンドス卿の手紙」こそは、新しい表現を求めて苦悩する20世紀文学の原点である。ホスマンスタールの文学の核心をなす散文作品11篇を精選。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  一種の恐怖です。読むと胸が痛くなる。物を書くと云う行為に何らかの執着があると、特に身近に感じられる話だと思います。<br>
     今日調べて知りましたが、岩波版も絶版だそうで……。こんな名作が新刊書店では手に入らない状態になるなんて……。

  • Gutenbergにあった原文と見比べながら「チャンドス卿の手紙」だけを読む。ちょっと生硬な日本語かな。

  • 言葉が腐っていく感覚。言葉が安易につかわれていないか。

  • 饒舌な不信

  • 言葉を使う者の深淵が詳細に描かれている。時代的、学問的観点を抜きにして楽しみたい。

  • ことばで言い表せないことをことばで言い表すことはできるのか、言語表現の葛藤をあらわす「チャンドス卿の手紙」。ホフマンスタール自身は自分のかいたものを読んだのか。「たしかな曖昧さ」、檜山哲彦先生の解説も素晴らしい。こういう作品のいいたいことが自分なりにわかり、親密になってしまうと、それを他者にうまく伝えられなければ、<狂人><変わり者><クスリやってそうなひと>とみなされる。檜山先生のような稠密な知性のおかげで、安心する。おそらく絶版。残念。

  • ふだんなじみのない、放り出されたような恐怖感。

  • ホフマンスタールはハプスブルク文化の精華を具現した文学者。

    「イェーダーマン(万人)」1911年
    十五世紀のイギリスの道徳劇「エヴリマン」を範として、死に神の迎えを受けた男の姿を描く。善人でも悪人でもない平凡な男が神の裁きの庭へ向かう時、逃げ出さずに同行してくれたのは彼の「地位」や「金」でなく、業績だけであり、加勢をしてくれたのは「信仰」であったという寓話劇。

  • 「ばらの騎士」の作者ホフマンスタールの短篇集。「温柔」「幽艶」「典雅」と評されますが、そのとおりですね。これ、本気で読み直してみますよ。あ、そうだ、「ホフマンスタールじゃなくて、ホーフマンスタールと言ってくれませんかね」って口癖でしたね。

  • 散文集(?)後半の紀行文的なものよりも、前半の小説がおもしろくて怖くて好き。

全10件中 1 - 10件を表示

ホフマンスタールの作品

チャンドス卿の手紙 他十篇 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする