ホフマンスタール詩集 (岩波文庫)

制作 : 川村 二郎 
  • 岩波書店 (2009年1月16日発売)
3.63
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003245729

作品紹介・あらすじ

ウィーン生まれの詩人・劇作家ホフマンスタール(1874‐1929)は、早熟の神童として10代から20代にかけて詩を作ったが、若くして詩を放棄して本格的に劇作に向かった。西欧の詩的伝統を踏まえたその詩は、温柔であり幽艶であり典雅である。ホフマンスタールの"幻視的世界認識"は、常に大いなる連関へと向けられていた。

ホフマンスタール詩集 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 川村二郎による解説のほかは斜め読み。19世紀末から20世紀初頭にかけてのウィーンにおけるドイツ語詩。堀-立原がらみで、いずれ読む、かも。

  • 新しく出ましたよ、「ホーフマンスタール詩集」。これもまた、じっくりゆっくり読みます。彼の詩の、どんなところに惹かれたのでしょう。ほんとうに美しい詩ですね。これも、よく考えてみます。

全2件中 1 - 2件を表示

ホフマンスタール詩集 (岩波文庫)のその他の作品

ホフマンスタールの作品

ホフマンスタール詩集 (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする