パサージュ論 ((二)) (岩波文庫 赤 463-4)

  • 岩波書店
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 58
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (536ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003246344

作品紹介・あらすじ

遊歩、アレゴリー、メランコリー…。資本主義をめぐるベンヤミンの歴史哲学は、ボードレールの「現代性(モデルニテ)」の探究に出会う。『パサージュ論』の中で最大の断章項目「ボードレール」のほか、「蒐集家」「室内、痕跡」を収録。(全五冊)

著者プロフィール

1882-1940。ドイツの哲学者、文学者。20世紀におけるも最も重要な思想家としていまも大きな影響を与え続けている。『ドイツ悲劇の根源』『パサージュ論』など

「2021年 『ベンヤミン メディア・芸術論集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヴァルター・ベンヤミンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルクス・ガブリ...
ドストエフスキー
マルクスアウレー...
シモーヌ・ヴェイ...
オルテガ・イ・ガ...
劉 慈欣
ヴィクトール・E...
J.L. ボルヘ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×