盗賊の森の一夜―メルヒェン集 (岩波文庫)

制作 : Wilhelm Hauff  池田 香代子 
  • 岩波書店
3.91
  • (4)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :33
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003246719

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 森の中の宿屋と盗賊団と、というちょいと古めかしい舞台立てで語られるメルヒェン集。個々の物語もそれなりに楽しめるが、宿屋の中で盗賊団を警戒し、物語で目を覚ましている……という舞台立てが緊迫感あっていい。

  • 折に触れて再読する一冊。同宿した客たちが,盗賊の襲撃に備えるために,代わる代わる物語を話して夜を過ごす。"ザイードの運命"では折り目正しく育ったお金持ちの2代目ザイードが,意地汚い所業をせずに振る舞った事で,却ってカリフに気に入られて,より優雅な生活になるという顛末。"鹿の銀貨"は気難しい領主のもと,気持ちの優しい第1夫人と長男,業つくな第2夫人と双子の次男三男という対比。領主の資産は最後には銀貨1枚になってしまう。説話其々は示唆的だが,若い作者による荒い進行という印象。訳者の解説の方が面白い。

  • 枠物語という形式が大好きなのは、このハウフの「隊商」を小学生の時に読んだからだろう。この話は、寝込みを襲われないように、宿の一夜を朝までひとりずつ物語して起きていよう、というのがその枠だが、枠のストーリーもおもしろい。物語の内容が枠物語にも関わったりしてくると「語りのレベル」の不安定さ・足元をあやうくするような墜落感がまた一興。再読してみて、解説にもあった、ドイツ人にとってのオランダ人=資本主義的繁栄の象徴、のイメージが鮮やかなのがおもしろかった。

  • 請求記号:943.8/B1541
    資料ID:50014265
    配架場所:図書館1階東館 テーマ展示

  • 主役たちが話す眠気覚ましの話一つ一つが少し長いような気がしたけれど、比較的読みやすかった。勇気ある飾り職人フェーリクス親方に乾杯!(笑)

  • 必読。

  • ハウフの作品にしては、比較的新しい訳と言っていいのでしょう、それだけ訳者「解説」は懇切、分析も丁寧です。『シュペッサルトの森の宿屋』(偕成社文庫)と原作は同じもの。その点、読み比べてみる愉しみは増えましたが、敢えて言うことを許されるならば、「手垢にまみれすぎないもの」のほうが良いと感じられることもある、ということ、貴方にはご賛同いただけることでしょう。(最近の、星の数ほどあるのではないかと思われる「星の王子さま」とかねぇ、……、これは無駄口でした)。ところでタイトルですが、『シュペッサルトの森の宿屋』とのあいだを取って、というよりも原題ずばり「シュペッサルトの宿屋」ではいけなかったのでしょうか、ね。

全7件中 1 - 7件を表示

ヴィルヘルム・ハウフの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィリアム シェ...
アンブローズ ビ...
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
シェイクスピア
ノヴァーリス
シェイクスピア
コナン ドイル
有効な右矢印 無効な右矢印

盗賊の森の一夜―メルヒェン集 (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする