寓話〈下〉 (岩波文庫)

  • 59人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Jean de La Fontaine  今野 一雄 
  • 岩波書店 (1972年4月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (388ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003251423

作品紹介

下巻には第2集・第3集を収録。ここではイソップやインド伝来の素材が更に自由に変形され、自身の着想によるものも含めて全く新しい世界が創りあげられている。どの話にも、大人であれ子供であれ読み手に応じた面白さと教訓が秘められている。

寓話〈下〉 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 上巻を読んでからかなり時間が経ってしまった。

    そもそも翻訳された詩を読み慣れていないせいもあって、ヒイヒイ言いながら何とか読了。もうしばらくは見たくないです、倒置文←

    下巻収録の「第2集」「第3集」。
    内容が「第1集」よりもエグくないですか。子ども読めますかコレ。いや大人的には大変面白かったんですけど。

    「だます奴をだますのはむずかしいことではない」(p228)とか、明日誰かに言いたくなる名文句が満載です。

  • どこか皮肉が混じっていてキノの旅みたいな。

  •  上巻を読んだときからだいぶ日が経ってしまったけれど。ラ・フォンテーヌの寓話、やっと読了です。

     巻の八の10、「クマと園芸の好きな人」の話は、堀江敏幸さんの小説http://booklog.jp/users/blaueblume/archives/4062106353で扱われていたのを読んで知っていたのだけど。あまりにも淡々とした語られ方が、やっぱりかなしくて、教訓はときに無慈悲なものなのだと感じました。
     他に好きなのは、巻の十一の8「老人と三人の若者」です。

全4件中 1 - 4件を表示

ラ・フォンテーヌの作品

ツイートする