哲学書簡 (岩波文庫 赤 518-2)

制作 : 林 達夫 
  • 岩波書店
3.44
  • (1)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003251829

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 207

  • 私が岩波文庫版の『哲学書簡』を購入した理由は、既に中公版で所有していましたが林達夫訳で読みたかったこと、ポケットに入れて持ち歩きたいと思ったからでしょう。林との出会いは学生時代の終わり頃読んだ久野収との対談『思想のドラマトゥルギー』です。

    詳しい書評は私のブログ
    http://blog.goo.ne.jp/slide_271828/e/f174cffbf9d79d12af7960605156e177
    に記しました。動画入りです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1694年にパリで公証人の息子として生まれ、20歳を過ぎた頃から83歳(1778年)で没するまで、詩、韻文戯曲、散文の物語、思想書など多岐にわたる著述により、ヨーロッパ中で栄光に包まれたり、ひどく嫌われたりした文人哲学者。著書に『エディップ(オイディプス)』『哲学書簡』『寛容論』『哲学辞典』などがある。

「2016年 『カンディード』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヴォルテールの作品

哲学書簡 (岩波文庫 赤 518-2)を本棚に登録しているひと

ツイートする