美味礼讃 (上) (岩波文庫 赤 524-1)

制作 : 関根 秀雄  戸部 松実 
  • 岩波書店 (1967年8月16日発売)
3.55
  • (9)
  • (22)
  • (32)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :282
  • レビュー :21
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003252413

美味礼讃 (上) (岩波文庫 赤 524-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東京喰種の登場人物である月山習がサヴァランにご執心だったので読んでみた。
    当時の科学の発展状況も食にも詳しくないため、現代の食にどれほど活かせるかは私にはわからなかったが、料理人やら客人やらの食に対する心構えについては感心した箇所も多い。
    また自分の書きたいことを思いのままに書いたという印象。飾らない分筆者の食へのこだわりの強さも、また慢心さえもダイレクトに伝わってきて、好感が持てた。

  • 曽根綾子の太郎物語からの孫引きで。とにかくおおらか。人生は楽しい、という感じがにじみ出ている。

  • 博学な美食家の食にまつわるいろいろな話が詰まっている。時には夢や死もそこで語られる。フランス料理をメインに扱っている。米国にも滞在した著者のいろいろな視点、学問や芸術が凡人の書ではないことがわかった。消化についても詳しい。食は芸術なり。

  •  生きるために欠かせないもののひとつ。それは食べ物。この”食べる”ということに無常の楽しみを見出す人々が、本書の言う、グルマンディーズである。
     生物の歴史の中で、こういった存在が現れたのは一つの奇跡だと思う。本来はそれが自分にとって危険であるか否かを識別するものであった道具としての味覚を、それを楽しませるための手段を追求するというのだから。生きるためには無駄なことにエネルギーを注げるだけの段階に、人間が到達したということなのだろう。上巻では、サヴァランの味覚理論とグルマン礼賛にほとんどのページが割かれている。

     本文中からは軽い印象を受けるサヴァランだが、解説によれば、波乱万丈の人生を送っているらしい。そういった長い流転生活が、彼に祖国の料理に対する畏敬の念を生じさせ、グルマン礼賛へとつながって行ったのだと思う。
     彼の理論はほとんど彼の経験にのみ依存しているため、その科学的正当性にはかなり疑問が持たれるが、当時の時代背景を探るには格好の作品だと思う。

  • ガストロノミーとは何か、食事の楽しみ方について教えてくれる食の哲学書

    考えながら読むし、内容が難しいのでなかなか先に進まないけれど、
    読み終わった時には食事からシアワセを感じることができるようになると思うので、がんばって読みました。
    ささやかな食事であっても、食材や食べる人に思いを込めて作った料理をいただくことが美食だとか、決して贅沢な食事を進めている訳ではないところに魅かれます。
    食事は生まれてから死ぬまで欠かすことができない物だから、みんなが知っておくべき考え方だと思うし、人生が豊かになるように思う。

  • 食に対するこだわりがもうハンパじゃない!それはもう、書かれた文章から情熱が、台所で燃えさかる火にじりじりと焼かれた七面鳥から溢れ出す肉汁のように、とめどなく輝きを放ちながら、読んでるこちら側に押し寄せて来るんです。ただ、翻訳されてからだいぶ時間が経ってしまっているので、ちょっとなぁっと思う部分もあるので、新訳・改訳が出てほしい感じです。

  • サバヴァラン教授の感性の豊かさよ。
    食品への考察だけでなく、渇きなどの生理現象、はたまた世界の終わりまで(!!)教授の人柄が想像できる一冊。

  • これの記憶のおかげで、TVの「グルメ番組」なぞ恥ずかしくってようよう見れない。

  • よく知られた食に関するアフォリズムが序文にある。珈琲について、いれかたは「デュベロワ式」が良いと。(110319)

  •  
    ── ブリア=サヴァラン/関根 秀雄&戸部 松実・訳《美味礼賛 19670816 岩波文庫》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4003252411
     
    …… 君がどんなものを食べているか言ってみたまえ。君がどんな人で
    あるかを言いあててみせよう。
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/20050202 食味喰餐
     
    <PRE>
     Brillat-Savarin,Jean Anthelme 17550401 France Paris 18260202 70 /
     Casals, Pablo(Pau)     18761229 Spain France 19731022 96 /
    </PRE>
     
    …… ワルツでもなんでも、好きなものをやりたまえ。楽器の持ちかた
    ひとつで、もう私にはきみがどんな人かわかるだろう。
    ── 佐藤 良雄・訳《カザルスとの対話 19670920 白水社》P256
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/B000JA7JHS
     
    (20110104)(20170306)
     

全21件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
冲方 丁
J.L. ボルヘ...
ヘミングウェイ
三島 由紀夫
サン=テグジュペ...
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

美味礼讃 (上) (岩波文庫 赤 524-1)に関連する談話室の質問

美味礼讃 (上) (岩波文庫 赤 524-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする