従妹ベット 下巻 (岩波文庫 赤 529-6)

著者 :
制作 : 水野 亮 
  • 岩波書店
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (412ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003252963

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 下巻の展開は激しいとでも言えばいいか。
    吐きそうになるくらいには人間が気持ち悪い。
    よくもこんなに人間の嫌な面ばかりを剥き出して、
    ストーリーを破綻なく進められるものだ。

    不思議に予定調和を見る思いがした。
    すごいものだ…結局はなるようになったということか。

    ベットは望んだものは手に入らなかったが、
    望みもしなかったものを押しつけられた。
    悪くはないと考えるべきなんだろうけど、嫌な最期だ。

  • 上巻参照。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

オノレ・ド・バルザック
1799-1850年。フランスの小説家。『幻滅』、『ゴリオ爺さん』、『谷間の百合』ほか91篇から成る「人間喜劇」を執筆。ジャーナリストとしても活動した。

「2014年 『ジャーナリストの生理学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

バルザックの作品

ツイートする