海邊の悲劇―他三篇 (岩波文庫 赤 530-7)

  • 26人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : バルザック
制作 : 水野 亮 
  • 岩波書店 (1934年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (132ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003253076

海邊の悲劇―他三篇 (岩波文庫 赤 530-7)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「グランド・ブルテーシュ綺譚」、「復讐」、「フランドルの基督」、「海辺の悲劇」。正字旧かな。28刷2013年2月20日。図書館本。

  • 間男の話がひどすぎる!
    もっとおおらかにいきましょうよ。

  • 『グランド・ブルテーシュ綺譚』

    『復讐』

    『フランドルの基督』

    『海辺の悲劇』

  • バルザックは『セラフィタ』くらいしか読んだことのない偏った読者ですが、「グランド・ブルテーシュ綺譚」をずっと読みたくて光文社古典新訳文庫で読もうか迷っていたところ、岩波からこれが復刻されたので、こっちで読むことにしました。しかし予想以上に旧仮名旧漢字率が高くて一瞬後悔したんだけど、薄い本なのでなんとかクリア。まあこの活版印刷風もこれはこれで味があって好きなんですけどね。

    「グランド・ブルテーシュ綺譚」は、ちょっとポーの「黒猫」や「アモンティラードの酒樽」を彷彿とさせる、憎い相手を壁に塗りこめちゃう系(苦笑)。しかも妻の目の前でその愛人を、となると、ポーよりよっぽど残酷です。とはいえ肝になるのはその残酷さや夫の嫉妬の激しさではなく、そこまでされてもなお、自分の罪を告白できない妻の側の心理でしょうか。そのエピソードを伝聞として様々な人物の口を借りて少しずつ語らせる手法もスリルを盛り上げて効果的だと思いました。

    「復讐」は「グランド~」にも通じる浮気妻への報復譚。「フランドルの基督」は、イエス・キリストの奇跡系逸話ですが、信仰心云々より単純に貧しくても心優しい人たちが救われて良かったなあという勧善懲悪のすっきり感がいい。表題作の「海辺の悲劇」は、別の作品のスピンオフ的なエピソードらしく、全体像は把握できないのですが、主人公たちの心理はわかるものの、裕福な人間の上から目線的な部分が鼻について、あんまり共感はできなかったかなあ。でも彼らが聞かされてショックを受ける、ある男の逸話の内容はそれだけで独立した短編のような趣きがありました。

  • 『ルイ・ランベール』の2年後に描かれた本作品は、『ルイ・ランベール』の登場人物のルイ・ランベールとカタレプシーの彼の介護を続けるポーリーヌ・ド・ヴィルノワがブルターニュの海辺の町を訪れた時のことを、伯父の司祭に宛てる書簡の形式で物語に仕上げられている。

    バルザックの人間喜劇にみられる人物再現法が明確に用いられ、『ルイ・ランベール』と『海辺の悲劇』では、特に顕著で結びつきが強いため、この二作品は通して読むのが妥当だと思われる。

全5件中 1 - 5件を表示

バルザックの作品

海邊の悲劇―他三篇 (岩波文庫 赤 530-7)に関連する談話室の質問

海邊の悲劇―他三篇 (岩波文庫 赤 530-7)はこんな本です

ツイートする