レ・ミゼラブル〈2〉 (岩波文庫)

  • 岩波書店
3.89
  • (25)
  • (17)
  • (31)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 291
感想 : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (611ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003253120

作品紹介・あらすじ

軍艦から海中に身を投じて巧みに官憲の目をくらましたジャン・ヴァルジャンは、コゼットの前に姿を現わし、彼女を悪辣なテナルディエ夫婦のもとから救い出す。2人はパリの一画に身をひそめるが、執拗なジャヴェル警視の追及の手はついにここにものびてきた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人物像の厚みが素晴らしく、奥行きのある大作。ある青年の思想を語るには、その人の祖父の思想と対峙させなければならない。ある娘の研ぎ澄まされた美貌を語るには、かつて醜く思われた一瞬を描かなければならない。

    フランス革命については一辺学んだはずだが、時系列や登場人物が怪しく、本作を読んで再び通読したい気持ちになった。

  • あの登場人物と、この登場人物が出会う。人々の人生の縦糸が大胆に交錯する。世間が狭すぎるのでは…? という感もあるが、面白いのでゆるす。

    だが、本巻でも、19世紀の修道院の現状についての記述が長々と続く。 

    ******
    【要注意】
    <以下、本巻のあらまし・ネタばれ含むメモ>


    再び虜囚となったジャン・バルジャンが、懲役の軍艦から脱出。その後コゼットをテナルディエの居酒屋から救い出し、二人で人目を避けるようにパリ市街でつつましく暮らす。だが、そこにふたたび官憲(ジャヴェル警視)の追手。路地に追い込まれたジャン・バルジャンが高い塀を越えて逃げ込んだのは修道院。社会から隔絶された修道院は、ひととき二人にとって安全な隠れ家となる。
    そして、本巻で新たに、マリユス青年が登場。なんと、マリユスは、ワーテルローに参戦した将校ポンメルシーの息子なのであった。さらには、ジャン・バルジャンとコゼットのらしき二人と出会い、やがて、娘に恋をする。だが、その「父娘」は、マリユスを官憲と勘違いして夜逃げ。コゼットらは、マリユスの前から姿を消すのであった。

    の行方を見失う。

  • 読書日:2017年5月25日-6月7日.
    Original title:Les Misérables.
    Author:Victor Marie Hugo.
    CosetteとMariusが主人公となり物語が紡がれます。
    Cosette(本名:Euphrasie)編でJean ValjeanがParisで
    Inspecteur Javertに見付かった時再度刑務所に入れられる恐怖と
    棺の中に入る事となった時に結果を知るのが恐ろしくて
    数日間は読む事が出来ずに読了に時間が掛かりました…。

    Marius編ではMarius Pontmercyは母方の祖父と伯母との暮らしで
    父に会えずに憎みながら成長しました。
    父が死の床で息子に会いたいと願っても会えず、父に対する評価を父の死後に改めたので、
    きっとCosetteに恋をしても後悔の念は消える事は無いと感じました。

    これからもJean Valjeanに彼が亡くなる時まで、幸福な時間が続く様に願うばかりです…。

  • コゼットをテナルディエ夫妻の元から救いジャンは二人暮しを始める。しかしジャヴェルに見つかり修道院に逃げ込む。そこでかつて救った庭師の、その修道院唯一の男、フォーシュルヴァンに匿ってもらう。そしてフォーシュルヴァンの弟として置かれ、コゼットを修道院に入れる。
    マリユスは祖父のジルノルマンに育てられていたが父ポンメルシーの死を契機にその思想に触れ、家出する。そこでABCの友に出会い、驚き悩み、しかし貧しい生活を送ることを決める。ある日ジャンとコゼットを公園で見かけ、コゼットに恋する。住まう所が知りたくて後をつけ、門番に彼らのことを聞いたが為二人は引っ越してしまう。

    粗筋だけだとつまらないけど、ジャンが修道院に入る為のフォーシュルヴァンの頑張りとか、危機の脱し方とか、手に汗握る展開で本当に面白いです! 大衆小説だけど、布石が重層で、展開が気になります。

  • 2015.5

  • 細部が面白い。

  • 第二巻は,再び脱走したジャン=バルジャンがコゼットを引取り,マリウスとコゼットが出会うところぐらいまで.ようやく話が回り始めた気がする.第一巻はひたすら長かったように思ったが,慣れてきたのか,第二巻はそれほど苦痛に感じず,読み進めることが出来た.尻上がりに面白くなってゆくことを望む.

  • 悪の根源は、無知。

  • 2012/01/13

  • マリユスさんらが登場。

    「アンジョーラ」どんだけ美形やねん!どんだけ有能やねん!
    天使のごとくの美貌ですよ。とにかくアンジョがどれほど美しく、人をひきつけるか、ず~~~と書いてある!

全18件中 1 - 10件を表示

ヴィクトル・ユーゴーの作品

レ・ミゼラブル〈2〉 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×