シャルル九世年代記 (岩波文庫)

著者 :
制作 : 石川 剛  石川 登志夫 
  • 岩波書店
4.25
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003253458

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シャルル9世の生涯を描いた物語ではなく、その時代に翻弄された青年のお話。舞台となった16世紀当時のフランスを語る上で避けて通れないユグノーとカトリックの対立が物語の根底にあるのですが、無宗教の私からすれば異なる宗教ならまだしも、教派が違うだけで対立というのはアイドルグループのファン同士がどのメンバー推しかで揉めるのと大差ない気がして、それ故にサン・バルテミルの虐殺が一層愚かしく感じられます。やや物語の焦点がぼやけ気味の所はありますが、テーマは明確です。テンポが良いので旧字体に抵抗がなければ難なく読めます。

  • 私の好きなメリメは、歴史の専攻家であり、言語学者としても大家なのでした。この、メリメ最長篇は、16世紀半ばフランスの宗教戦争最中の血みどろの闘争劇です。メリメならではの筆致による見事な歴史小説と言えましょう。ああ、でも、難解だなあ、あの時代。難解だなあ、宗教闘争。

全2件中 1 - 2件を表示

メリメの作品

ツイートする