戯れに恋はすまじ (岩波文庫)

著者 : ミュッセ
制作 : Alfred de Musset  進藤 誠一 
  • 岩波書店 (1977年1月発売)
2.93
  • (0)
  • (2)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (109ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003253618

作品紹介

パリで学位を取って帰郷した男爵の一人息子ペルディカンは21歳、遺産相続のため同じ日に修道院から帰って来た従妹カミーユは18歳、才子佳人の再会だが、幼なじみの二人の恋のかけひきと意地の張り合いに犠牲者も出る。青春の詩人ミュッセ(1810‐57)が、恋愛心理の真実を芳醇なロマンの香りに包んで仕上げた"読む"戯曲。1834年刊。

戯れに恋はすまじ (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【2012年_4冊目】

    院生室にあった。100ページぐらいだから、さらっと読めました。戯れに恋愛しちゃだめなのは、わかっている。わかっているが、このぐらい愛情表現したっていいじゃないか、とも思う。規範ばっかで、もうちょっと戯れの要素が必要なんじゃないの?と最近思います。何に対して、というわけではないけど。

  • ここまで引っ張って、このラストはないだろう・・・。

  • この手の戯曲は好き。
    男爵おもしろい。

    カミーユとペルディカンはイラっとするなぁ。
    しかし、典型的ともいえるような流れに笑いがおこる。
    ロゼットとばっちりすぎる…
    カミーユもロゼットも賢くあれ!

  • ソフィー・マルソーの『スチューデント』という映画のラストでこの戯曲の台詞が出てきます。
    男性も、女性もかみ締めてみて欲しいと。

全4件中 1 - 4件を表示

ミュッセの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ヘミングウェイ
ジョルジュ サン...
ギー・ド・モーパ...
三島 由紀夫
キェルケゴール
ヘルマン ヘッセ
カレル・チャペッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

戯れに恋はすまじ (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする