アルルの女 (岩波文庫)

著者 :
制作 : Alphonse Daudet  桜田 佐 
  • 岩波書店
3.36
  • (1)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (98ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003254226

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドーデーの戯曲を活字化。
    舞台は南仏プロヴァンス。農家の息子フレデリを主人公に、アルルの闘牛場で目にした美女に心を奪われてしまう。心配する母・ローザ、フレデリを密かに想う幼馴染・ヴィヴェッタ。それぞれの思いは紆余曲折しつつも結婚という形でまとまろうとした矢先、悲劇へと突き進んでいく。

    ”アルルの女=アルルという場で出会った女性”というのみで、作品には名前も登場しません。しかし作中ではフレデリが恋焦がれる相手として終始存在感をあらわにしています。
    この戯曲を上演するためにビゼーが作曲した全27曲の付属音楽および組曲。『アルルの女』のストーリーより、曲の方が馴染み深い人の方が多いと思います。

  • ドーデーが好きだ。「アルル」について考える機会があって、そのつながりで引っぱり出してきた。ビゼーの組曲も全編通して聴き直したくなった。

全3件中 1 - 3件を表示

ドーデーの作品

ツイートする