神々は渇く (岩波文庫 赤 543-3)

制作 : 大塚 幸男 
  • 岩波書店
3.80
  • (7)
  • (6)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :104
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003254332

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • わたしはノンフィクションの本を読む。一般書にしろ、専門書にしろ、あまり文学作品を読まない。その少ない読書経験で、この作品を評価できるのかと問われれば自信がない。けれども、この作品に編み込まれたいくつかの文章にあたって、わたしは思わず天を仰いだ。なんと巧みな筆使いだろうと、感嘆せずにはいられなかった。

    たとえば、それは216頁にある。モーリス・ブロト・デ・ジレト、その名から察するとおり、革命前の彼は貴族だった。老齢の彼は革命ですべてを失い、物語の現在時制では「市民モーリス・ブロト」として、操り人形をつくっては売り、主人公エヴァリエスト・ガムランの住むボロのアパルトマンの屋根裏部屋で命をつないでいた。ときは恐怖政治、休む間もなくギロチンの刃が上下する「偉大な日々」にあって、その刃は次第に、この老ブロトにも向けられはじめる。

    公安委員たちに追われていたのは、元貴族の老人だけではない。旧体制下にあっても大した権力など持たなかったであろう司祭ロングマールと、16歳の貧しい娼婦アテナイスも、身に覚えのない科で責められ、身を隠さなければならなかった。
    ロングマール神父もアテナイスも、ブロトとなにか特別な関係があったわけではない。しかし、彼らは共通して公民証明書を持たなかった。ゆえに追われ、追われたがために出会い、ひとときをともにブロトの屋根裏部屋で過ごすこととなる。

    ロングマール神父は、自分がどんな罪で告発されているのかわからないと語る。彼はたしかに妻帯せず、公民宣言もしなかったが、彼は信仰に正しく生きてきたと重ねる。
    娼婦アテナイスは、「国王万歳!」と叫んだことにより、警察に追われる身となる。けれど彼女は、王党派だとか革命派だとか、そもそも政治的主義主張を持ちあわせてはおらず、「風俗の乱れ」を正そうと躍起になった政府のせいで商売があがったりとなったことへの不満から、革命派の思惑とは反対のことを叫んだだけに過ぎない。彼女はいう、「あの人たちは寄ってたかって、しがない者や、弱い者や、牛乳屋や、角屋や、水運び人や、洗濯女をいじめるんだわ。貧しい哀れな者たちを、全部、敵に廻さなくては気が済まないんだわ」。

    ただでさえ狭い屋根裏部屋で、容疑者3名はめいめい床につく。ここからがアナトール・フランスの筆が冴える箇所である。老ブロトの若かりしころを照らした月の光が、彼の屋根裏部屋をふたたび射す。照らされた司祭と娼婦の眠る姿をみて、ブロトは思う。「これが、」つづけて「これが共和国の恐るべき敵だとは!」・・・。

    月の光は、旧体制の象徴。それにしてもなんと憂いに満ちた、美しく、悲しい瞬間だろうか。物語を読みすすめようにも、作者がしつらえた完璧な舞台装置をまえに、思考が一旦停止してしまう。見事としか讃えようのない巧みさである。

    物語は多重のメロディーから構成されているが、もっとも印象に残ったのは、この老ブロトに関わるそれだった。彼が処刑台にまで携えたルクレティウスの小型本が歌う。「われわれが生きることやめた暁には、何物もわれわれの心を動かすことはできないだろう。空や、大地や、海でさえも。空や、大地や、海も、その残骸をごっちゃに晒しているのみであろうから」。

    彼は主人公ではないが、主人公のガムランと対をなす人物として、物語に深みを与える。最終局面に向かって、ガムランは破滅の道を邁進し、ブロトは威厳に満ちてギロチンの刃の前へ歩む。革命と旧体制、彼らはその代弁者かのような後ろ姿を最後に消える。筆者は、どちらがよいかわるいかという話をここでしたいのではないのだろうと思う。それが革命だったと、近代の鶏鳴はかくも血を必要としたのだということをここに記したのではなかろうか。

    どんな真実よりも、物語は歴史を語る。

  • 再読。自分のフランス革命に関する基礎知識が「ベルばら」(+ラ・セーヌの星・笑)ベースなので、バスチーユの襲撃→国王と王妃はギロチン送り、はい終了、みたいな感じだと勝手に思い込んでいたのだけれど、実際にはその後数年にわたる革命政権による恐怖政治時代があり、名前だけはなんとなく憶えているロベスピエールやサン=ジュストなどが処刑されるまで、全部ひっくるめてフランス革命なのだなと改めて勉強になった。

    日本でも明治維新前の各藩や幕府内部では、主導権を握る人間がめまぐるしく入れ替わり、その都度前任者は断罪され、まさに血で血を洗う抗争、最終的に勝ったほう次第で、かつて謀反人として処刑された人間が英雄として奉られたりもするし、その逆もしかり。フランスでもつまり似たようなことをやっていたわけですね(幕末おたくの理解度)

    貴族や政治犯だけでなく、たんなるパン売りの娘や娼婦まで次々とギロチン送りにされる理不尽さ。まるで魔女狩り。どれだけ生贄を捧げても血に飢えた〝神々”は満足しない。まさに「神々は渇く」

    歴史ものとして読むには、正直フランス革命に関しての知識が足りないので十分読み込めたとは言えないのだけれど、単純に物語としては、人物の造形や配置が絶妙だなと感心。愛国心が強いだけの真面目な画家だった主人公エヴァリストが、やがてその母にまで「これは人でなしだ」と思われるまでに変わってゆく姿に説得力がありすぎてこわい。(勝手な思い込み=勘違いで恋人の元カレと決めた男を処刑したのとか最低だったなー)

    解説にもあったけれど作者自身を投影したと思しき無神論者でエピキュリアンなブロトは魅力的だった。彼が助けた神父さんや娼婦、元愛人など、取り巻く人物たちとの関係性や伏線も効いていて、ある意味彼が影の主役かも。

    そして結局最後まで生き残るのが、政治や思想を一切語らず、ただただ女性を追い掛け回してブレることのなかった版画家デマイだけだったというのも感慨深い。エヴァリストの恋人エロディも好きだった。彼女の最後のセリフは切なかった。

  • 【熊谷英人・選】

  • 学生のとき最後まで読み通せなかったのだが、30年ぶりに読んだ。たくさんの血が流れる話だった。

  • 主人公の心の動きは、恐怖政治の当事者がどのようにして自分を正当化していったのかを見るようで興味深い。個人的にはフランス革命というよりもソビエトの大粛正の方を連想する雰囲気だった。

  • フランス革命の一時期(恐怖政治の時期)をえがいた小説。
    作者は当時の状況をかなり綿密に調査した上で執筆しているらしいから、この作品の時代背景のリアリティは信頼してよいものだろう。
    主人公はもともと若い画家なのだが、どんどん政治(革命)に首をつっこんでいき、陪審員となって反革命分子を裁く役割に身を置く。そしてロベスピエールと共に処刑されるに至る。
    要するに革命イデオロギーの行き過ぎた不寛容さが破滅をもたらすわけだが、作者は王党派を支持しているわけではない。どのイデオロギーであろうと、「不寛容」が問題だというスタンスのようだ。
    作中、主人公らの会話や思考に「愛国心」という言葉が頻繁に出てくる。たぶん革命側も王党派も、双方「愛国心」を口にし、自己の正義を正当化しようとしたのだろう。いつの世も、「愛国心」はくせものである。「国」概念が「正義」と結びつくとき、ロクなことはない。
    読んでいて現在の日本世論の右翼(ネトウヨ)と左翼とのののしりあい想起した。争いが激化するのはみんながあまりにも「不寛容」だからである。この「不寛容」は時代に強制された、不安と裏腹の共通の心理状況だという気もする。
    フランス革命の当時も、人々は不安の淵にあったのだろう。この小説はそのような「遠い時代」のリアリティを印象づける。

  • 2013年55冊目

    フランス革命は理想的な人間を作ろうとした。だから失敗したのだ。
    人は完全ではない。不完全である。

    「そうだ、わたしの主人公ガムランは、ほとんど化物のような人物だ。しかし人間は徳の名において正義を行使するにはあまりにも不完全な者であること、されば人生の掟は寛容と仁慈とでなければならないことを、わたしは示したかったのだ。」byアナトール・フランス

  • フランス革命の恐怖政治を描いた小説。文章や描写がすごく好みで、すばらしい。味わい深い。革命下のパリの民衆の様子がびしびし伝わってくる。主人公の真面目で陰鬱な性格が心地よい。ロベスピエール逮捕の描写もいい。恐怖政治=ギロチンがなぜ支持されていたのかわからなかったが、これで雰囲気はわかった。それはものすごい危機感があったから。熱い!
    革命中の新しい神様である「至高存在」崇拝の説明でこの小説が紹介されていて知った。「至高存在」が血に渇いていたというタイトルがしびれる。

    • keipapa2004さん
      またすごいタイトルの本を読みましたね~。興味そそりました。歴史を知らない私でも読めるかな?
      2011/09/07
  • 『フランス革命の恐怖政治を描いた作品。
    革命裁判所の杜撰なあり方が克明に描かれている。
    理性信仰を掲げる一方で理性とはかけ離れた狂気の裁判が行われていくという矛盾が印象的。』

全9件中 1 - 9件を表示

アナトール・フランスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルクスアウレー...
J.L. ボルヘ...
三島 由紀夫
キェルケゴール
ウンベルト エー...
遠藤 周作
ドストエフスキー
サン=テグジュペ...
有効な右矢印 無効な右矢印

神々は渇く (岩波文庫 赤 543-3)はこんな本です

神々は渇く (岩波文庫 赤 543-3)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする