シルヴェストル・ボナールの罪 (岩波文庫)

制作 : Anatole France  伊吹 武彦 
  • 岩波書店 (1975年7月16日発売)
4.11
  • (7)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :63
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003254349

作品紹介・あらすじ

作者の出世作であり、代表作の一つに数えられる日記体の長篇小説。セーヌ河畔に愛書に囲まれてひっそりと暮す老学士院会員をめぐるエピソードが、静かなしみじみとした口調で語りつづけられる。

シルヴェストル・ボナールの罪 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 愛書に囲まれ隠棲する老人の日記風小説。中篇2作。古書を求めてさんざん振り回されたり、大昔の想い人の孫を庇護しようと奮闘したり、ボナール氏の人間くさい感情や行動が、そこはかとなく微笑ましくて面白いです。書物に打ち込みすぎて他のことを知らずに歳を重ねてきたことに後悔を感じつつも、それでも本が好きなんだもん、的な。全編通して穏やかで美しい文章がさらさらと流れており、読んでいてとても心地よい小説でもあります(訳者のチカラなのか)。ところで、楽しげなラストに急に差し込まれた悲しいエピソードは何なのだろう?

  • オチがどーでもよかった記憶しかない。

  • ボナールおじいさんの専門バカでお茶目なところがたまらない。読み返す度に、ほのぼのしそう。
    好きなシーンは、
    「シチリアに行くのをばあやに反対されると思ってたら、意外に反応が薄くて『冷たい女!』って嘆く」ところ(ツンデレw)、
    「見知らぬイタリアの街で寂しかったくせに、背後からフランス語で自分の噂をされているのを聞いて逃げ出す」ところ(ツンデレ)、
    「昔の想い人の孫娘と水入らずで話している時に、塾長のオールドミスに話しかけられて、内心だけで非道いことを考えるが、きちんと挨拶してしまう」ところ(ヘタレ)。

  • 老学究の日記というかたちをとった長編小説。ボナール氏の、暖かい人柄が心にしみる。学士院会員であり不正を憎む高潔な精神の持ち主だが、どこか子供じみていたり、間が抜けた感じがなんともいえない。ぜひ、おじいさんのボヤきでも聞くつもりで、かるく手にとってほしい作品。
    しかしこれを37歳のときに執筆した作者の老獪ぶりには驚嘆させられる。

  • 懐疑派アナトール・フランスの出世作。セーヌ河畔で本にかこまれて読書に耽るシルヴェストル・ボナール老学士院会員の生活をしみじみと綴った日記体長編小説。愛書に埋もれて暮らすなんて羨ましい、と思ったけれども、シルヴェストル翁のさみしさには胸を締め付けられる心地がした。産まれたときから老人だったと言われるアナトール・フランスとシルヴェストル翁との一致性を閲すればこの小説のかなしさは実に作者自身のかなしさと言えるのではないでしょうか。

全6件中 1 - 6件を表示

アナトール・フランスの作品

シルヴェストル・ボナールの罪 (岩波文庫)はこんな本です

シルヴェストル・ボナールの罪 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする