テレーズ・ラカン〈上〉 (岩波文庫)

  • 岩波書店
3.36
  • (0)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003254431

作品紹介・あらすじ

湿っぽく薄汚れたパリの裏街。活気のない単調な日々の暮しに満足しきっている夫と義母。テレーズにとって息のつまるような毎日だが、逃れる術とてなかった。だが彼女の血にひそむ情熱の炎はそのはけ口を見出せぬまま、ますます暗い輝きを増してゆくのだった。そうしたある日、はじめて出会った夫の友人ローランにテレーズのまなざしは燃える。

著者プロフィール

(著者)エミール・ゾラ Émile Zola  
1840 年生まれ。フランスの小説家。自然主義を標榜する。
1860年代から出版社アシェットで働きながら、文筆活動を開始。幼少期からの友人である画家ポール・セザンヌとともに、のちに印象派となるグループと交流。マネの作品に心酔し、《オランピア》が非難の的となったさいには擁護の論陣を張る。代表作に『居酒屋』、『ナナ』など。
対象を冷徹な観察で生々しく描写する手法で高い評価を得た。1902年死去。

「2020年 『エドゥアール・マネを見つめて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エミール・ゾラの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
ドストエフスキー
ドストエフスキー
スタンダール
遠藤 周作
ヴァージニア ウ...
ドストエフスキー
フォークナー
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
スタンダール
ドストエフスキー
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×