水車小屋攻撃 他七篇 (岩波文庫)

制作 : 朝比奈 弘治 
  • 岩波書店
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003254578

作品紹介・あらすじ

自然主義を提唱した長篇作家として知られるゾラ(1840‐1902)は、短篇小説の名手でもあった。戦争の愚劣さを、田園風景のなかで展開する牧歌的な恋と対比させることによって浮き彫りにした表題作のほか、人生の諸相を、ときに悲しく、ときにユーモラスに、多様に描いた七篇を収録。ゾラのあたらしい魅力に出会える一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シャーブル氏の貝

  • 悲しい話ばかりだった。ゾラの作品は初めて読んだけれど、こういう筆致なんだなと思った。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

Emile Zola

「2009年 『ウージェーヌ・ルーゴン閣下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エミール・ゾラの作品

水車小屋攻撃 他七篇 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする