ベラミ〈上〉 (岩波文庫)

制作 : Guy de Maupassant  杉 捷夫 
  • 岩波書店
3.57
  • (0)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003255032

作品紹介・あらすじ

『女の一生』に続くモーパッサンの長篇第二作。ひたすら女から女へとわたり歩き栄達をめざす男のシニカルな行動を描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ベラミ(たぶんbell amiかな?)は立身出世主義ですべてを手に入れようとするけど、でもやっぱりすべては無理なんだな、っていう話。

    前にマリアージュフレール行ったら、この本イメージした紅茶があったけど、注文してから気づいてしまった・・うわあああん

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

フランス人。1850〜93年。母の友人フローベールにすすめられ文筆に転向。最初の成功作『脂肪の塊』(1880)で一躍新聞小説の寵児となる。短編約三○○、長編数作を書く。長編に『女の一生』(1883)『ベラミ』(1885)。短編小説『幻覚』や『恐怖』は戦慄させるほどの正確さで狂気や恐怖を描写し、この狂気の兆候が1892年発病となり、精神病院でなくなる。

「2004年 『モーパッサン残酷短編集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

モーパッサンの作品

ツイートする