ジャン・クリストフ 1 (岩波文庫 赤 555-1)

制作 : 豊島 与志雄 
  • 岩波書店
3.93
  • (26)
  • (18)
  • (24)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 313
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (540ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003255513

作品紹介・あらすじ

人間として、芸術家として、生涯不屈の気魄をもって真実を追求しつづける音楽家ジャン・クリストフ。傷つきつつも闘いをやめない彼の姿は、時代と国境をこえ、人びとに勇気と指針を与えてきた。偉大なヒューマニスト作家ロマン・ローランの不朽の名作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「神様のカルテ3」で、東西さんと、しんちゃんの所で出てきた、フランス文学?「ジャン・クリストフ」1巻目を読んでみました。

     原作は、1903年から1912年に書かれたもの。著者であるロマン・ラマンは、この「ジャン・クリストフ」でノーベル文学賞を受賞しているそうです。

     私が読んだ岩波文庫版は、1986年に出されたものですが、なかなか言葉が難しい。まぁ、原作が100年以上も前のものなのでしかたないですね。現代語訳では、物語の重さが表現できないでしょう。

     ストーリーは、貧しい音楽家に生まれた少年が、作曲家として大成する物語。第1巻は生まれてから青年期までを描いています。
    一字一句を舐めるように読んだわけではありませんが、一読にて理解できるものではないですね。でも、魅力がある。単純に「面白い!」と言い切れない部分がある。
     恐らくは彼の苦悩に満ちた生き方に、誰もが相通ずるものがあるでしょう。正義や宗教、恋や愛。道徳や哲学。生きて行く上で、人間であるが故の葛藤が息苦しく苦しく描かれています。

     特筆して、叔父のゴットーフリートの言葉は、クリストフと同じように読者の心にも突き刺さる。
    こんな本を傍らに持ち、100年以上前の著書から発せられるエネルギーを真摯に受け止め、生きて行く上でのエネルギーにしたい。

    久しぶりに、妙薬にような本に出会い、苦々しい気持ちです。でも嫌いでは無い。

  • 貧乏、同性愛、異性愛を経験する多感な少年が、同時に音楽への才能に覚醒していく様は、ロランの描く芸術家の胎動の理想像が読み取れる。

  • 小説を読みながら涙を流す体験は初めてだった。全4巻と長いが独特の緩急があり、さらにフランス文学らしく文章がきらめいている。泣いたのは、ジャンが故郷を後にするシーン。自分の国の、国での思い出が走馬燈のように駆け巡るのだが、込み上げて来る郷愁に読者は勝てない。本当は再読したいが体力が…恐らく難しいだろう

  • 青空文庫で読んだ

  • 「人生で第一のことは、おのれの義務を尽くすことだ。」(p29)

    「厳密な範囲内に努力を集中させることは、芸術にとってはいい規律である」(p218)

    「日の出にたいして信心深くなければいけない。一年後のことを、十年後のことを、考えてはいけない。今日のことを考えるんだよ」(p538)

  • 全巻読み終わってはいないのですが
    時には失敗しながらも、情熱を灯し続けるクリストフの姿を見ていると勇気をもらえた。

  • ロマンロランは、力や思想によって人を支配せしめるような人を「英雄」とはみなしていません。ロマンロランは「心情において人を支配せしめることができる人こそが真の英雄である。」とその緒言の中で言っております。

  • Sound Horizon好きなら読んでおくべき…と云う理由で読んだのですが、
    とても面白くて、素晴らしい作品でした。
    国も違えば時代も違いますし、性別も違うのに、
    気持ちを寄り添わせながら読み進める事が出来ました。
    特に青年期に入った頃からが面白くて夢中になって読みました。
    ザビーネ女史が素敵だった。悲恋で幕を閉じてしまいましたけど、
    あれはあれでよかったような気がします。
    何時までも胸に残る美しい思い出とか、恋しい人がいるのって素敵な事です。
    アーダ嬢については、今でもいるよね、こういう女性!
    と現代に当てはめてキャラクターを想像してみたりしました。
    女性に限った話でもないですけど…。
    ゴットフリート伯父様の「我が為し得る程度を。」という言葉が凄く印象的でした。
    今後のクリストフが気になります。

  • 攻殻で知った。読みたい。

  • 尊敬する方の推薦で読み始める。
    が、やはりに固い!難しい!

    挫折しそうになるも..活き活きしたクリストフの成長を読み進める中で、
    文の独特の重厚感が
    徐々にハマってきて、癖になる。

    長い時間の隔たりはあって、文化は変わっているハズなのに、
    人間って変わらない部分があるなぁと深く感じる。

    四巻を読破する中で、クリストフの様な真っ直ぐな魂を思いだし、
    また人間の普遍性をたっぷり味わおうと思う。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

Romain Rolland(1866-1944)1866年フランス中部のニエーヴル県クラムシーに生まれる。1880年パリに転居。エコール・ノルマル・シュペリウール(高等師範学校)卒業と同時に歴史の教授資格試験に合格。教鞭をとる傍ら戯曲や音楽評論を発表し、1913年に小説『ジャン・クリストフ』がアカデミー・フランセーズ文学大賞を受賞。1914年8月、スイス滞在中に第一次世界大戦が勃発、この地で戦闘中止を訴えた。1916年ノーベル文学賞受賞。戦後は反ファシズム活動に参加、第二次世界大戦中はナチスに抗しながら執筆を続けた。1944年没。代表作は他に『ベートーヴェンの生涯』、『戦いを超えて』、『先駆者たち』、『クレランボー』、『魅せられた魂』、『革命によって平和を』など。

「2015年 『ピエールとリュース』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロマン・ロランの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ヘルマン ヘッセ
安部 公房
ドストエフスキー
三島 由紀夫
ドストエフスキー
ヘミングウェイ
三島 由紀夫
ドストエフスキー
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ジャン・クリストフ 1 (岩波文庫 赤 555-1)に関連するまとめ

ジャン・クリストフ 1 (岩波文庫 赤 555-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする