ジャン・クリストフ 2 (岩波文庫 赤 555-2)

制作 : 豊島 与志雄 
  • 岩波書店
3.78
  • (9)
  • (15)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 139
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (634ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003255520

作品紹介・あらすじ

高く掲げた理想主義の背後にひそむ虚偽。クリストフはドイツ芸術の偽善に激しく戦いを挑んだ。社会は敵意と無理解をもって答えた。苦悩と闘争の日々。ついに彼はドイツを去る。行先はパリ。だが逸楽の都パリの濁った空気は彼を一層ひどい孤立に追いこむ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドイツの文化を知れば知るほどイミテーション感に苛まれ、フランスに逃げたと思えばそのフランスにも嫌気がさす。しかし最後はフランスへの敬愛。クリストフの心の矛盾を最も楽しめる章。

  • 青空文庫で読んだ

  • 心に残ったところ。

    「いかなる民族にも、いかなる芸術にも、皆それぞれ虚構がある。世界は、些少の真実と多くの虚偽とで身を養っている。人間の精神は虚弱であって、純粋無垢な真実とは調和しがたい。その宗教、道徳、政治、詩人、芸術家、などは皆、真実を虚偽の衣に包んで提出しなければならない。それらの虚偽は各民族の精神に調和している。各民族によって異なっている。これがために、各民衆相互の理解がきわめて困難になり、相互の軽蔑がきわめて容易となる。真実は各民衆を通じて同一である。しかし各民衆はおのれの虚偽をもっていて、それをおのれの理想と名づけている。その各人が生より死に至るまで、それを呼吸する。それが彼にとっては生活の一条件となる。ただ数人の天才のみが、おのれの思想の自由な天地において、男々しい孤立の危機を幾度も経過した後に、それから解脱することを得る。」

    「生涯のある年代においては、あえて不正であらなければいけない。注入されたあらゆる賛美とあらゆる尊敬とを塗沫し、すべてをーーー虚偽をも真実をも、否定し、真実だと自分で認めないすべてのものを、あえて否定しなければいけない。年若い者は、その教育によって、周囲に見聞きする事柄によって、人生の主要な真実に混淆している虚偽と痴愚とのきわめて多くの量を、おのれのうちに吸い込むがゆえに、健全なる人たらんと欲する青年の第一の務めはすべてを吐き出すことにある。」

    「年老いた心は、若い心にごく近く自分を感じ、ほとんど同年輩くらいに感じ得る。両者を隔てる年月がいかに短いかを知っている。しかし青年はそれを少しも気づかない。青年にとっては、老人は異なった時代の人である。そのうえ、青年は目前の配慮にあまり心を奪われていて、自分の努力の悲しい終局からは本能的に眼をそらすのである。」

    「孤独、疾病、困窮、苦しみの理由は多くあったにもかかわらず、クリストフは我慢強く自己の運命を耐え忍んだ。かほど忍耐強いことはかつてなかった。彼自身でも驚いた。病気は往々ためになるものである。病気は身体をこわしながら、魂を開放する、魂を浄める。無活動を強いられた夜や昼を過ごすうちに、あまりに生々しい光を恐れ健康の太陽にはやかれるような、種々の思想が起こってくる。かつて病気になったことのない者は、決して自己の全部を知ってはいない。」

    特に青年に関する記述は非常に共感できるものがあります。

  • 読むのに物凄く時間を費やしました。
    序盤のドイツに居た頃の話は、引き続き夢中になって読みましたが、
    パリーに行ってからは思想のお話が中心で難しくて…。
    本当に沢山の出会いで、人の一生は彩られたりくすんだりするものですね。
    病気は身体を壊しながら、魂を開放する。
    嘗て病気になった事の無い者は、決して自己の全てを知ってはいない。
    という所がとても印象的です。
    一度折れた翼でなければ、飛べない空はあるのだと私もそう思います。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

Romain Rolland(1866-1944)1866年フランス中部のニエーヴル県クラムシーに生まれる。1880年パリに転居。エコール・ノルマル・シュペリウール(高等師範学校)卒業と同時に歴史の教授資格試験に合格。教鞭をとる傍ら戯曲や音楽評論を発表し、1913年に小説『ジャン・クリストフ』がアカデミー・フランセーズ文学大賞を受賞。1914年8月、スイス滞在中に第一次世界大戦が勃発、この地で戦闘中止を訴えた。1916年ノーベル文学賞受賞。戦後は反ファシズム活動に参加、第二次世界大戦中はナチスに抗しながら執筆を続けた。1944年没。代表作は他に『ベートーヴェンの生涯』、『戦いを超えて』、『先駆者たち』、『クレランボー』、『魅せられた魂』、『革命によって平和を』など。

「2015年 『ピエールとリュース』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロマン・ロランの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
ドストエフスキー
三島 由紀夫
遠藤 周作
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
ヘミングウェイ
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

ジャン・クリストフ 2 (岩波文庫 赤 555-2)に関連するまとめ

ジャン・クリストフ 2 (岩波文庫 赤 555-2)を本棚に登録しているひと

ツイートする