ミケランジェロの生涯 (岩波文庫 赤 556-3)

制作 : 高田 博厚 
  • 岩波書店
3.80
  • (9)
  • (6)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :106
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003255636

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 流れるような伝記。

  • 「ベートーベンの生涯」に続けて、ロマン・ロランの「ミケランジェロを読了。

    どちらも苦境に負けず、物凄い作品群を残した大天才という共通点があるのですが、ベートーベンの偏屈ぶりは強烈だし、ミケランジェロは、より猜疑心、保身など人間臭さが滲むのは面白い。

    ロランがこれらを書いたのは世界大戦の時期。暗さを増す欧州の状況に、我が身を奮い立たせようとしたのでしょうか。
    通常の偉人伝とは一味異なる2冊でした。

  • 資料として。
    石からただ取り出してやるだけ
    というミケランジェロの彫り方に天才たるゆえんを感じる。

    こんなにも天才なのに思い悩んでるし逃げるし、「神の如き」とか言われてるのに、何というか、人間っぽいんだな。
    他人を信用してないのにすがるし、気まぐれだし。
    しかしその、ある意味素直な生き様が作品に現れているともいえるのかもしれない。

  • 2.5。語り口が大仰で、頭に鹿賀丈史が浮かんで困る(苦笑)

  • 苦悩する偉人。
    翼の破れた勝利の神。

    ミケランジェロ。
    悩み抜く姿の孤独を浮き彫りにしている。

  • ヴァチカン・システィーナ礼拝堂の最後の審判
    フィレンツェのダヴィデ像
    それらを目の当たりにしたとき、ミケランジェロとは、どれほど力強い男だったのだろうかと思った。

    しかし、この本の中にいるのは、残された偉大な作品からは想像できないほど“弱い人間”だった。
    決断力がなく、家族や金銭について思い悩み、いつも何かから逃げている男。
    “天才”という呼び名の影には、誰しも持っている最も人間らしい部分が隠れていた。

    ロランの力強い文章からは、自分と重ねあわせるかのような、ミケランジェロへの思いが伝わってくる。

    ミケランジェロ自身の言葉や、詩も引用されている。
    それらはどこか厭世的で、いつも死を意識しているようだった。

    登場人物や都市の名前など、知識がなくては分かりづらい部分も多いけれど、この本を読んでからミケランジェロの壮絶な生涯と意外な人物像を知り、彼の作品を目の前にすると、より深く沁み込んでくると思う。

    弱さも才能だ。

    ミケランジェロも、弱かった。

  • なぜ品切れなんだ・・・

全8件中 1 - 8件を表示

ロマン・ロランの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ウェー...
ウィリアム シェ...
ドストエフスキー
キェルケゴール
安部 公房
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印

ミケランジェロの生涯 (岩波文庫 赤 556-3)を本棚に登録しているひと

ツイートする