法王庁の抜け穴 (岩波文庫 赤 558-3)

制作 : 石川 淳 
  • 岩波書店 (1928年10月20日発売)
3.33
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003255834

法王庁の抜け穴 (岩波文庫 赤 558-3)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヴァチカンの抜け穴?どういうことかわからないけど、穏やかでない気がする。

  • 奥泉光×いとうせいこうの文芸漫談に向けて読了した作品。

    ジイドといえば、『贋金つくり』くらいしか知らなかった私。
    読んでみたら、カタカナの名前がムツカシイ。

    『桜の園』のときもそうだったが、カタカナの名前は覚えにくくて、なのにその上どうして同じ名前で呼び続けないのか?
    ファースト、ミドル、ファミリーに加えて、愛称。

    その難点さえクリアすればなかなか面白い。
    特に、物語の筋と関係ないところの生き生きとしたジイドの筆致は魅力的。

全2件中 1 - 2件を表示

アンドレ・ジイドの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウラジーミル ナ...
谷崎 潤一郎
マックス ウェー...
フランツ・カフカ
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
J.L. ボルヘ...
シェイクスピア
有効な右矢印 無効な右矢印

法王庁の抜け穴 (岩波文庫 赤 558-3)はこんな本です

ツイートする