ムッシュー・テスト (岩波文庫)

制作 : Paul Val´ery  清水 徹 
  • 岩波書店 (2004年4月16日発売)
3.45
  • (12)
  • (14)
  • (37)
  • (5)
  • (1)
  • 250人登録
  • 17レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003256039

ムッシュー・テスト (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「出発が決まった途端に、まだ身体のほうはすこしも動きだしていないうちに、やがてまわりのすべてが一変すると考えるだけで、わたしたちの隠れたシステムに、あるふしぎな変更が通達されることになる。ここからやがて立ち去る、そう感じるだけで、まだ手で触れる一切のものが、いわばつい隣にあったその実在性をほとんどたちまちのうちに失ってしまうのです。まるで、それらの現前性の能力が打ちのめされたとでもいうようで、能力のいくつかが消え失せてしまう。
    昨日はまだ、きみはまだわたしのそばにいたのに、それでもわたしの内部には、もはやきみとは長いあいだ会うこともあるまいという気持にすっかりなっている秘密の人間がひとり生まれていた。すこし経てば、もうきみの姿は見あたらないというのに、わたしはきみと握手など交わしていたのです。そのときのきみは不在の色に染められ、まるで目前の未来などまったくもっていない身というふうに、わたしには見えた。すぐそばから見ていたきみが、遠くに見えたのです。きみの眼差は同じだったのに、もう持続を含んではいなかった。きみとわたしのあいだには、『ふたつの距離』があるかのように思えました、まだ感じとれぬ距離と、はや途方もないものとなっている距離のふたつが。そして、ふたつの距離のどちらをより現実的と見なすべきか、わたしにはわからなかった……」

  • 統合失調症患者の精神分析みたいなものか

  • これを「小説」と呼んでよいものなのかどうか。
    確かに、私小説のような一面はあるが、特に後半は詩のような連作のアフォリズムである。おそらく、その意味するところは、作者本人にしかわからないものなのであろう。
    ただ、自分がこの世に在るとはどういうことなのか、この人間社会の中で何を意識して生きていくのかということについて、ともすれば過大になりそうな自己意識に光を当てつつ、真摯に自己と向き合おうとする作者の姿勢は伺えた。自分の読解力では、その辺りまでが限度である。

  • 吉田健一『書架記』を読んで購入。
    ポール・ヴァレリー唯一の散文集。
    小説と言われると小説なのだが、一般的に言われる『小説』とはまた違ったもののように思う。『散文』と言うのが自分的に一番ぴったりだった。
    短い散文と断章からなる薄い文庫本ではあるが、妙に心に残る1冊だった。

    うーん、登録したと思っていたのだが、登録されていなかった……忘れていただけなのか? ダブってたら消そう……。

  • 【本の内容】
    透明な知性と繊細な詩的感性によって20世紀前半のフランスを代表するヴァレリー。

    その唯一の小説集『ムッシュー・テスト』の主人公はヴァレリーの分身として異様な〈頭脳〉の劇を生きた。

    決定版の新訳!

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 誰しもが内側に抱える痛々しさを見せつけられてるような
    何とも言い難い読みづらさ。

  • これほど途方もない数の自尊心たちが、たがいに比べあっていると、温度がぐんぐん上がってゆく、そのありさまを考えてもみてください。おのれの運命に呼び招かれて気ちがいじみた職業に従事することになった華々しい不幸者たちの多くを、パリは、閉じこめ、結びあわせ、使い果たし、焼きつくす…

  • 逗子図書館にあり

    ほとんど意味がわからなかった…

    精神分析書だろうか…

    ただ、途中、流れが変わったことだけは、わかった。

  • 人は誰しも心の内奥に小さな子供を抱えている。
    本書の冒頭部分でもチラっとそのことに触れていたように思う。
    しかし、本書の内容は「そういったこと」とはあまり関係なく、当然人格の多重性の話でもない。ただ部分的に似通ってはいる。
    ボルヘス謂うところの「主体と客体」だ。
    テスト氏という人物はほんとうなら客体であるはずなのに、“主体的に語られている”。
    “それ(=主体と客体の逆転)”が、せめぎあった結果ではなく“ただそうなっている”ことこそが、本書を特異な作品にしているのかもしれない、なんつって(私の脳みそだとこのぐらいの解釈で限界w)

  • オルター・エゴとはまた異なる、ヴァレリーの精神に対する考察の結晶体であるテスト氏を巡る短編/断片群。テスト氏の言動は奇しくも同年に生まれたプルーストの様に内省と観念に対する可能性を突き詰め、その可能性を提示しないという選択肢にこそ可能性を見い出した。それは時に「沈黙しなければならない」とも言われた場所だが、だからといってそれは思弁を止める事を意味しない。語られない場においてこそ思弁は紡がれ、精神は結晶化されるのだ。反転した可能性の存在に対する確信―それはどこか、倫理と呼ばれるものに似ている気がするのだ。

全17件中 1 - 10件を表示

ポール・ヴァレリーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョルジュ・バタ...
J.L. ボルヘ...
ウンベルト エー...
ウラジーミル ナ...
三島 由紀夫
ドストエフスキー
ウィトゲンシュタ...
遠藤 周作
J.K. ユイス...
安部 公房
キェルケゴール
ミシェル・フーコ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ムッシュー・テスト (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする