パリの夜―革命下の民衆 (岩波文庫)

制作 : 植田 裕次  植田 裕次 
  • 岩波書店 (1988年4月18日発売)
3.65
  • (3)
  • (7)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :59
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003258019

パリの夜―革命下の民衆 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 歴史書としてはかなり貴重な資料なんだろうと思われる。
    小説ではあるが。

    「もうすぐ絶滅するという紙の書物について」から、読んだ。


    彼が「夜の観察者」としてパリをうろつきまわり、民衆を観察している。
    当時の風俗、街灯の推移、公開処刑を見物する民衆、フランス革命の兆し、フランス革命中の王や王妃の行動など。
    サド侯爵を目の敵にしてるのが、おもしろい。

    この当時、鶏姦は罪だったんだよね。(キリスト教道徳)
    サド侯爵が、金をはずむって言っても娼婦に断られたりしてたはず。
    あと、エッフェル塔(なんとなく察してください)をしてほしいってのは、あれはフランス式とか何とか言われてたような。
    それも罪だった筈。
    マルキ・ド・サド作品は未読なんだが、おそらく澁澤さんあたりからの知識。


    p68/300
    ルイ14世時代、パリ治安総代官の命によって、ろうそくを入れた角灯(ランテルヌ)が通りのはずれや長い通りのまん中に取り付けられた。1796年に角灯にかわって反射鏡を用いた街灯が出現し、大革命の数年前から化学者フィリップ・ルボン考案のガス・ランプがそなえられた


    この街灯が、フランス革命に入ると、吊し首用の道具になるのが恐ろしい。
    街灯に誰それを吊してやれ、とか、市民が軍人や役人を吊すのに使うんですよ。首を切ってさらけ出したり、内臓をぶちまけさせてそれを引きずって歩いたり。
    民衆が暴徒と化して、これを行う恐怖。
    しかし結構最後まで、国民は国王を慕っていたというのが、フランス革命について知識の曖昧な私には不思議なところだった。

  • 混乱の中にあるParisを描写した作品。
    臨場感がたっぷりでとてもドキドキした。

  • 同時代人の目から見たフランス革命に興味があったので。とにかく暴徒と化した民衆による虐殺の描写がおそろしい。熱に浮かされた大衆の怖さというものをあらためて実感した。

  • 内乱の描写はとても信じられないような、身の毛のよだつ恐ろしさだった。

    「死刑にする権利が人間にあるだろうか。……たとえそれが陰険かつ残忍に人命を奪った人殺しであっても」
    私には「ない」と答える自然の沈痛な声が聞こえるような気がする!……「だが、泥棒なら」「いや、断じてない!」と自然は叫ぶ。
    「文明を知らない野蛮な金持ち連中は、荒っぽい警備手段をこれで十二分に得たなどと思ったためしがない。彼らの宗教が命じているように友となり兄弟となるかわりに、絞首台の方をえらんだのだ」
    これが「自然」の語ったことである。
    第10夜 車責めの刑に処せられた男

全4件中 1 - 4件を表示

レチフ・ド・ラ・ブルトンヌの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス エルン...
J.K. ユイス...
ウィリアム シェ...
ウンベルト エー...
三島 由紀夫
ヘルマン ヘッセ
アナトール・フラ...
サン=テグジュペ...
ジョリ=カルル・...
レーモン・クノー
ウラジーミル ナ...
シェイクスピア
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする