十二の恋の物語―マリー・ド・フランスのレー (岩波文庫)

制作 : 月村 辰雄 
  • 岩波書店
3.54
  • (2)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003258217

作品紹介・あらすじ

宿命の糸に結ばれ、いちずに恋の成就を求める主人公たち。フランス最初の女性詩人マリー・ド・フランス(12世紀後半)が,ブルターニュに伝わる恋と冒険の物語をうたった12のレー(短篇物語詩)。気取りのない清新な語り口がひたむきな愛の姿をうつしだす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 母の夫をぶち殺しに行こうとか、その母の夫が病死してラッキーとか、現代日本とは隔絶した道徳観。だが解説に、騎士の次男、三男にとっては独身の女子相続人の愛を得るのが栄達の道の一つとあってどうにか納得。

  • やったら不倫の話ばかり。

全2件中 1 - 2件を表示

十二の恋の物語―マリー・ド・フランスのレー (岩波文庫)に関連するまとめ

ツイートする