シェリの最後 (岩波文庫)

著者 : コレット
制作 : 工藤 庸子 
  • 岩波書店 (1994年4月18日発売)
3.78
  • (11)
  • (11)
  • (17)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :110
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003258538

作品紹介

第一次大戦後のパリ。復員したものの社会の動乱に適応できず無為な日々を送る主人公を尻目に、妻と母は営利と名誉の獲得に奔走している。どこにも自分の場所を見出すことのできない彼は、唯一の女性レアの許へと帰ろうとするが…。失われた時と永遠の愛との間をむなしく彷徨する魂を、とぎすまされた感覚でとらえた『シェリ』の続篇。

シェリの最後 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「シェリ」の続編です。
    どうしてもシェリの魅力が忘れられず書店を回りましたが絶版ということで中古で手に入れました。
    でも先日神保町の書店に大量に山積みにされていました。映画の公開があったせいかもしれませんね。

    内容は「シェリ」のような恋愛メインの物語かと思えばまったくそんなことはなかったです。第一次大戦後のパリで女たちが自立していくなかで時代に馴染めずにいるシェリがなんとも言えない。
    そして,シェリがようやくレアに会いに行ったとき,そこには老いを受け入れた彼女の姿があったのでした。
    もはやすべては過去の思い出として過ぎ去ったことだと笑うレア。自分に関心を持たない妻。銀行を営み強く生きる母。そのなかで自分だけが孤独を感じていること,世間からはぐれてしまったことの居心地の悪さを痛感するシェリ。そうして,いつの間にか自分が30歳になっていたことに気づくのでした。
    もはやどうしようもなくなった彼が選んだ「最後」とは・・・?

    「シェリ」がきれいな終わり方をしているだけに蛇足だと思われる人もいらしゃるだろうなと思いました。ので星は4つ。

    前作のように恋愛小説だと期待して読んでしまったら肩すかしをくらいましたので要注意です。

  • 全体を通して薔薇色って表現が多かったように感じた、シェリは儚く(?)気だるく、ヌヌーンからも隔たって妻や母からも戦争以降隔たって先が見えなくなっているけどヌヌーンを捨てたのは自分じゃない?え?

  • 大崎Lib

  • 何もかも終わってしまった状態で、亡霊みたいな生活をした末に、自殺してしまうというシェリの最後。
    前作の結末を読んだとき、いやいやこれはほんものの愛だよ!これを捨ててどうすんの!!と衝撃をうけたのですが、やはりこうなるよねというか・・この続編を読んで、あのときレアを置いて去っていったくせに、実はあの時点でシェリもこの世にひとつしかないほんものの愛をなくしていたのだなと・・ひどい結末だけどわたしはすごく好きです。
    それにしても、相変わらずコレットの描く情景の美しさは比類ない。うっとりします。

  • シェリをあそこまで完璧に書き終わってその続編を書こうと思える精神力がすごい
    ただ視点も違うしテーマも違うし、別の話
    シェリの華々しさはないけどこれはこれで。

  • ○読了したくせに、じつはよく分からなかった一冊。前半は特に主人公の気持ちがもやもやしていて、後半から孤独感が加速する感じだと思いました。

    ○第一次世界大戦後のパリ。戦争から帰ってきた美貌の男シェリをまっていたのは、あまりにも変わり果てたパリの社会でした。「蒼ざめて弱々しい男」だったデズモンは事業を起こして成功を収めています。シェリを崇めるように愛していた妻は、病院で看護婦として働きつつもシェリ自身の母と金儲けに奔走している様子。

    ○金儲け(利益の追求)だの享楽などという時代の流れに乗って変わってゆくなかで、自分だけが取り残されたような感覚、残酷な現実。シェリは彼らを蔑みますが、彼らが自信を獲得していくほどに自分の居場所がなくなるばかり。また、美貌をもつ彼には、老いというどうしようもない時間の流れ、思い出を引き裂いてしまうような流れへの恐怖もあったのでしょうか。

    ○つまるところ、シェリという人間は、戦争によって、美貌によって、変化する社会へついてゆくことを許されなかった男といえるのかもしれません。ちょうど、少年のまま大人になってしまったような。それは宿命づけられていたといってもよいほどの、どうしようもない空虚感。

    ○悲痛ではありますが、涙がでるような話ではないと感じました。だんだんと感情が消え失せていって、じゃあ幕を引こうか、という感じの、淡々とした喪失感がただよっているように思います。

  • ★★★

  • 話としては前作「シェリ」の方が面白いけど。ラストが好き

  • シェリもいいけど、これ!この最後の素晴らしさ!!!
    再版希望。たぶん絶版なっちゃってるから新品手に入れるのは大変です。

  • 絶版になってるとのことで図書館で借りて読みました。

全12件中 1 - 10件を表示

コレットの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
マルグリット デ...
谷崎 潤一郎
ウラジーミル ナ...
フランツ・カフカ
ボリス ヴィアン
ヘミングウェイ
シドニー・ガブリ...
有効な右矢印 無効な右矢印

シェリの最後 (岩波文庫)に関連する談話室の質問

シェリの最後 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする