短篇集 恋の罪 (岩波文庫)

  • 120人登録
  • 3.42評価
    • (2)
    • (11)
    • (16)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : サド
制作 : 植田 祐次 
  • 岩波書店 (1996年3月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (458ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003259719

作品紹介

近親相姦、親殺しといったドラマの中に、肥大化する想像上の悪と現実の犠牲者の嘆きのコントラストを描いた悲壮小説集。

短篇集 恋の罪 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バタイユの変態小説に刺激され、変態の古典?!サドまでさかのぼってみる。

    著者の名前由来の言葉があるとおり、全てそのような傾向を持つのかと思われましたが、解説によれば、そんな単純な変態ではなかったようで。適法と違法小説の2系統あるそうな。これは適法の系列。

    でも、やっぱり近親相姦(結果そうなってしまった悲劇)や、息子の嫁を狙う父またその逆など、変態戯曲風の短編が納められています。

    小説における劇的技法として恐怖や哀れみを駆使するという著者の主張により作品群は著されており、現代のホラーに通じるものを感じます。
    なるほど、感情を強く刺激するこの2つの要素を突き詰めていった著者の作品は同じ変態でもバタイユよりは判りやすい。

    ということでサドは恋愛ホラーの名手です!

  • サドにしては結末に安心感の覚える短編集ですね。

    大体美徳に走るうら若き女の人と、彼女を堕落させようとする悪い大人の陰謀劇なんだけれども、ちゃんとハッピーエンドで終わるようになっている。

    ただ、最初の「フロルヴィルとクールヴァル、または宿命」に至っては知らず知らずのうちに、近親相姦、子殺し、親殺しがなされていたというちょっと救いのない物語。

    サド入門としてはいいんじゃないでしょうか。

  • 知っているサドとは一味違った。冒頭はクソつまんない純愛ものかと感じたが、どの作品も中盤に差し掛かると昼ドラも驚きの急な盛り上がりを見せてきて止まらなくなる。問いがすごく明確な短編集で、通底しているのは「美徳」「更生」。「更生」については2,3年前に読んでたらこの問いの立て方には唸ったかも。でも今はそれについての結論は出ているので。
    副題として「悲壮小説集」と付いている。これ読んだ後に「淫蕩学校」とか読み返したらまた違って感じそう。サドのイメージを(作風面だけからじゃなく)覆してくれたり補強してくれたりする一冊でした。

  • 短編集とのことだが、120ページを超える作品も含まれている。『エルネスティナ』が特に好き。どれも一気に読ませる力を感じた。悪について考えさせられられた。自分の欲と悪行のため、いずれ滅びるのもまた人間の性である。

  • 翻訳のせいなのか、わからないけど、現在形での文章がなんか読みづらかった。最初は、引き込まれて読んで他んだけど、飽きてきて、もういいやって思っちゃった(。-_-。)

  • 強烈なまでにフロイヴァルとクールヴァル、または宿命という一昨目がえげつなかった。最後に読んだ方がいいかもしれない。破壊力が凄まじいから読んでてぞっとした。

  • 請求記号:B1449/953 
    資料ID:50005226
    配架場所:文庫・新書

    【感想文 by M.K】
    この本は4篇の小説が載っていますが、最初のフロルヴェルとクールヴァル、または宿命が一番印象的でした。美しいけれど不幸な女性が、兄と恋に落ち母を殺し、父親と結婚して子どもも殺してしまう。その真実を知った彼女は自殺してしまいます。ずっと不幸な場面が続くのですが、なぜかすらすらと読めました。悲壮小説が好きな人におすすめです。

  • よくもここまで極限的な状況を思いつけるものだ、と思ったけど幾つか読んでいるうちに飽きてきた。当時合法的に出版することを意図していた為か、物語の最後はどれも取って付けたような説教臭い終わり方になっていて滑稽。

  • 後で書きます。

  • 4篇の短編で一貫して、美徳が不幸に陥るさまが描かれている。その原因は、逃れられない宿命であったり、悪徳の権化のような人たちの謀略だったりするのだが、いずれにしろ非常に痛ましい。だが、痛ましいからこそ、美徳の美しさはなおいっそう際立つ。
    サドの力点は、どこにあったのだろうか?美徳は、なるほど幸せを運んでくれるわけではないけど、それでも美しいのか。それとも、美徳は美しく見えるかもしれないが、これっぽちも幸せを運んできてはくれないのか。

全10件中 1 - 10件を表示

サドの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィリアム・ゴー...
ジョルジュ バタ...
ドストエフスキー
ヘルマン ヘッセ
遠藤 周作
J.K. ユイス...
フランツ・カフカ
ポーリーヌ・レア...
ジョルジュ・バタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

短篇集 恋の罪 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする