平凡物語(下) (岩波文庫)

制作 : 井上 満 
  • 岩波書店
4.00
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003260661

作品紹介・あらすじ

次々と苦い現実に直面し、幻滅を重ねていく主人公。理想を抱いていた青年がやがて世間ずれした俗物と化す。『平凡物語』とは、およそありがちな過程をたどっていく一人の人間の、微苦笑を誘う平凡な歴史の物語である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 叔母リーザのように、アレクサンドルのあの手紙の立派な思い、考えに感心したものだったが、アレクサンドルはまた変わってしまった。
    結局、血は争えなかった。
    アレクサンドルは、叔父ピョートルの後ろを行く。
    一方ピョートルは、それまでの自分の行いがリーザの病を引き起こしたことを反省し、地位も富も売り払ってリーザのために尽くす決心をする。
    対極した二人の物語は、流動し、訓戒を残して幕を閉じた。
    二人の姿は、現代にも通ずる。
    不変的な、正しい生き様・哲学などないのであろう。
    人が与えたとしても、選びとって実際に当てはめるのは自分。責は結果とともに、自分の元に戻る。
    結局は、自分の生き様は自分で決めて、動き、考え、修正を繰り返していく他はないのだ。

  • 相変わらず迷走してる甥。
    そして容赦のない叔父。あの依頼を受けて、甥はピンと来なかったのかな?

    二人に対して叔母のバランス感覚がいい。
    甥の夢を壊さず、上手く気持を引き立ててあげる優しさ。
    なぜ叔父みたいな人と結婚したのか不思議。条件だけでは幸せになれないことを知っていそうなのに。


    ラストは解説にあったように唐突な感じがある。
    甥はいくら理性の人になろうとしたところで、また素晴らしい音楽や、美しい女性に出会ってしまえば簡単に揺らいでしまうように思う。
    しかし叔父夫婦に関しては、もっと早くにそんな状況にならなかったのが不思議なくらい。

    最後の二人の会話にはニヤッとした。
    愛情を表すのに「卑しき金属」を貸したがるのが叔父のダメなところであり、かわいげでもあると思う。

  • 岩波文庫(赤) 080/I
    資料ID 20102004388

  • 上巻参照。

全4件中 1 - 4件を表示

ゴンチャロフの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
三島 由紀夫
谷崎 潤一郎
J.L. ボルヘ...
ヘミングウェイ
ドストエフスキー
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

平凡物語(下) (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする