現代の英雄 (岩波文庫 赤 607-1)

  • 岩波書店
3.54
  • (5)
  • (9)
  • (10)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003260715

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あらすじやあとがきでは、タイトルの「英雄」を「犠牲者なるがゆえの英雄」と捉えているが、その解釈には違和感を覚える。むしろこれは、英雄になりえる人物でも「現代」であるがゆえに英雄にはなれない、そう言っているのではないだろうか。

  • レールモントフ自身、実際にカフカスにいたことがあるらしいから、辺境の描写はなかなか美しく楽しめた。 

    ペチョーリンや登場する女性の行動・心理描写は、なんといってもこれが出版されたのがレールモントフ26歳の時。当然、オレにとっては深みにかけて、まるでロールプレイングゲームの英雄伝か、今のその辺にいる高校生の同人マンガを読んでいるような薄っぺらさで、鼻についた。 

    まあ、彼の若さなら仕方ないだろうが、自分の半分くらいしか生きていない作者が描いた物語はそんな風にしか思えない。 しかも経験という点では、現代人の方がおそらく何倍も密度の濃い生をおくっているだろうしね。

    しかし、書かれた時代やこれが醸し出す雰囲気など全体をみると、それはそれで「作品」にはなっているのだろう。

  • カフカースの遙けき情景が眼前にありありと浮かんでくる。山々が朝陽に照らされえもいわれぬ色相を帯びる一瞬を捉え、その感慨を言葉に封じ込める表現の豊かさには圧巻。《やうやう白くなりゆく山ぎは……》と共通する心があるのかもしれない。

  • 高一のとき初めて読んだロシア文学なので、好きの対象は作品以上に思い出です。

    一人の人間を、外と中の両方から描いてる。
    ペチョーリンの外部に表現できない内面の矛盾、葛藤、希望、理想がごちゃまぜに混濁しているリアリティを、ページが進むにつれ強く感じました。

    - - -
    『現代の英雄』(A Hero of Our Time / Герой нашего времени)
    [1839年]

  • 196年前の1814年10月15日にロシアのモスクワで生まれて、1841年にわずか26歳で決闘の末に命を落としたミハエル・ユーリエヴィチ・レールモントフの名前とこの著作は、もし大藪春彦がいなかったら、というか私が熱狂的な大藪春彦ファンでなかったら、おそらく知りもしないし読みもしないものでした。

    「俺は好んで何でも疑ってかかることにしている。こういう思考傾向は気性の果断さを妨げるものではない。それどころかかえって、俺に関する限り、いつも、先々どうなるかわからないようなときの方が勇往邁進しているくらいだ。実際、死より悪いことは起ころうはずもないし、死は免れるわけにいかないのだから」

    あっ、手に取るのは高校生以来ですが、うっかり油断していると少し何頁か読んでしまいました。

    っていうか、この本うっちゃっておいて、こうなれば本家本元の大藪春彦が急に読みたくなってしまいました。

    今夜あたりは、ええっと、何がいいかな、そう、あれかな。ラテンの血統・漆黒の髪・燃えるような真っ赤な瞳・褐色の肌の美女、通称エミーこと小島恵美子のやさしく残酷な殺しがほとばしる『非情の女豹』あたりがお似合いかな。

    そういうわけで、本書に関しては後日また。ひさびさの大藪春彦です。といっても私、余計なことですが、こうみえても高校生のときに300冊以上ある彼の全著作を読んでしまって、すべて再読ということになりますが。

  • 埴谷雄高さんの紹介より。

全6件中 1 - 6件を表示

現代の英雄 (岩波文庫 赤 607-1)のその他の作品

現代の英雄の詳細を見る 現代の英雄 ミハイル・ユーリエヴィチ・レールモントフ

ミハイル・ユーリエヴィチ・レールモントフの作品

現代の英雄 (岩波文庫 赤 607-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする