春の水 (岩波文庫)

制作 : 中村 融 
  • 岩波書店
3.11
  • (1)
  • (0)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003260807

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前半、決闘とその後のあたりはかなりよかった。後半ちょっと退屈だった部分もあるけど、全体的には満足。昔の本はゆったりした気持ちで読めるのがいい。

  • 恋の回顧。美しい女性と結婚までいくのかと、おもいきや…。人の心のうつろいがちょっと悲しい。自伝的作品とのこと。楽しい5日間の読書であった。

  • すべてのことに理由を求める人には理解できない物語。
    私は理由をイチイチ説明するのが嫌いだから、理由のない行動とか、感情も好き。
    特に恋愛なんてそうじゃないだろうか。と、思っている。

    当時の感覚でどうとかは知らないが、今ある考えのまま読んだら納得できない恋愛だろうなーと思う。
    しかし、「遠い昔にあった話」って考えると楽しめる。わくわくする。

    駆け引きの難しさとか、女の人の麗しさとか今ではなかなか味わえない描写が多くて楽しい

全4件中 1 - 4件を表示

ツルゲーネフの作品

ツイートする