罪と罰〈中〉 (岩波文庫)

制作 : 江川 卓 
  • 岩波書店
3.72
  • (137)
  • (107)
  • (264)
  • (8)
  • (1)
  • 本棚登録 :1134
  • レビュー :64
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003261361

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 上巻の冗長さが嘘のように、中巻以降は山場につぐ山場である。息もつかせぬ展開と言ってもあながち過言ではなく、いよいよ作者の本領発揮という感じだ。

    中巻の見どころは、主人公ラスコーリニコフと予審判事ポルフィーリイの2度にわたる対決と、ラスコーリニコフとソーニャの密会である。中でも、ラスコーリニコフとポルフィーリイの初回の対決は際立ってエキサイティングだ。推理小説ばりの心理戦が展開されるだけなく、ここで初めて主人公の思想の全容が明らかになるからだ。上巻でちらりと示されたテーマが、さらに過激な形をとって再び読者に提示される。

    すなわち、人間は「凡人」と「非凡人」に大別される。凡人は従来の思想の枠組みを越えることができず、既定の法に従うしかない人間である。一方、非凡人は新しい思想を創り、新しい法を制定することのできる稀有な人間である。よって非凡人は、その新しい思想が人類の進歩に繋がるなら、より良き未来のために既定の法を踏み越える権利を持つ。実際、ナポレオンなどの革命家たちは目的のためには流血も辞さない犯罪者だったが、同世代の大衆にとっては犯罪者でも、次世代の大衆は彼らを崇拝するようになる。ゆえに非凡人が思想の実現のため、未来の人類のために流血が必要だと判断した場合には、彼らは自分の良心に照らして、その許可を自分に与えることができる。(p141-155)

    これに対する私の見解は置いておく。ただ私はこの説を否定したい、とだけ記しておく。ともあれ、このような思想的議論が、あくまで殺人犯と探偵との心理的駆け引きという体裁を崩さずに進行してゆくのだから、何とも心憎い演出だと思う。

    この後、ラスコーリニコフはソーニャの家を訪れる。先の頭脳戦から一転して、こちらはスピリチュアルな熱狂に満ちたシーンである。不幸のどん底に落とされながらも信仰によってかろうじて正気を保っているソーニャに対し、ラスコーリニコフは「神なんかいない」とうそぶいてサディスティックな愉悦に浸ったかと思うと、いきなりひざまずいて彼女の足に接吻し、「ぼくはきみにひざまずいたんじゃない。人類のすべての苦悩の前にひざまずいたんだ」という有名な科白を口にする。そして、罪びと同士ともに行こうとソーニャを誘惑するのだ。

    これはあまりに観念的というかほとんど誇大妄想であり、とても求愛とは呼べないものだろう。しかし、どこか「聖女を誘惑する堕天使」という構図を思わせる光景であり、主人公の勢いに気圧されて、こちらまでついファナティックな陶酔に浸ってしまう。ちなみにソーニャは金髪碧眼の美少女、ラスコーリニコフは栗色の髪に黒目の美男子という設定だから、ビジュアル的にもほぼ完璧である。

    さらにこの後、再びポルフィーリイとの論戦が行われ、きわどい所まで追い詰められるが、偶然のアクシデントにより両者引き分けに終わる。そして「戦いはこれからだ」と主人公が自虐的な決意をかためるところで中巻は終わる。

    この濃厚なメイン・ストーリーのほかに、主人公の妹ドゥーニャに恋する3人の男達(熱血漢ラズミーヒン、功利主義者ルージン、虚無主義者スヴィドリガイロフ)の物語も同時進行してゆく。中巻だけで3~4冊の本を読んだような酩酊感を読者に与えながら、物語は失速することなく、一気に下巻へとなだれ込む。

  • 上巻ほどにはラスコーリニコフに共感できなくてやや白けて来た。

  • レヴュは下巻にて。

  • FeBeで聴書

    主人公の心の動きを整理してみました。
    家族の訪問にて家族との再会に喜ぶも同時に拒絶する。
    ソーニャの訪問にてソーニャに惹かれる。
    ポルフィーリーのもとへ時計を取り返しに行くと称して偵察に行く。ラズミーヒンを騙す狡猾さが見られる。
    スビトリガイロフの訪問に驚く、幽霊の話に自分の経験と重なりあっけにとられる。
    ルージンと妹の縁談の破談。家族と絶縁する。罪人としての意識と決心が読み取れる。
    ソーニャに会いに行く。彼女を自分と同じ罪人とし、一緒にいるべきだと考える。
    警察署にてポルフィーリーと面会する。自白に行くのかと思いきや、ポルフィーリー見抜かれないように振る舞う。手の内を暴こうと心理戦を繰り広げる。

    上巻はほとんど主人公について語られていましたが、中巻では家族や友人、その他の登場人物が多く登場し物語が豊かになってきます。さらに面白くなってきました。

  • ラストでぎゅっと惹きつけられる。下巻へ。

  • 読了日:2017/10/21

  • 1990年 読了

  • 「罪と罰」のテーマとしてよく知られた思想がラスコリニコフの論文として語られる。

    予審判事のポルフィーリは事件の真相に気づいている節があり、ラスコリニコフの方も傍から見るとボロを出しまくりなのだが、決定的な物証はなく、二人の対決は予想外の事態を招く。

    前巻で犯人の行動を状況証拠から正確に推理しながら、ラスコリニコフを全く疑っていないラズミーヒンが、真相に気づく瞬間を予感させる描写はさすがというしかない。


    「カラマーゾフの兄弟」でイワンがアリョーシャに語った「神の救済の不在」が、ここではラスコリニコフからソーニャへの問いかけとして登場する。

  • いよいよ物語は揺れ動く中間地点。
    ラスコーニコフの揺れ動く感情。しっかりと読めているとは相変わらず言い切れないが、その流れになんとなく身を任せていくと流れる感情というか、その揺れに惑わられ、時に焦り…最後ここはどこに落ち着いていくのか。最終巻の読みどころである。理解していないことを露呈する支離滅裂なレビュー…

  • いろいろ激しい。さあ、どうなるのか。下巻へ進む。

全64件中 1 - 10件を表示

罪と罰〈中〉 (岩波文庫)のその他の作品

罪と罰〈第2巻〉 (1949年) (岩波文庫) 文庫 罪と罰〈第2巻〉 (1949年) (岩波文庫) ドストエフスキー
罪と罰 中 (岩波文庫) Kindle版 罪と罰 中 (岩波文庫) ドストエフスキー
罪と罰〈中〉 (ワイド版岩波文庫) 単行本 罪と罰〈中〉 (ワイド版岩波文庫) ドストエフスキー

ドストエフスキーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
安部 公房
ドストエフスキー
ヘルマン ヘッセ
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

罪と罰〈中〉 (岩波文庫)に関連する談話室の質問

罪と罰〈中〉 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする