カラマーゾフの兄弟〈第1巻〉 (岩波文庫)

制作 : 米川 正夫 
  • 岩波書店 (1957年2月5日発売)
3.77
  • (36)
  • (23)
  • (54)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :372
  • レビュー :37
  • Amazon.co.jp ・本 (434ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003261491

作品紹介・あらすじ

貪婪淫蕩な父フョードルの血をうけた三兄弟-激情にまかせ放縦無頼の日々をおくるドミートリイ、徹底した無神論者の理性人イヴァン、そして無私の愛にみちた敬虔純真なアリョーシャ。僧院での一族の会合から、雄大深遠な思想のドラマの幕はあがる。

カラマーゾフの兄弟〈第1巻〉 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最初に解説から始まるので、訳がちょっと違和感ありますが、理解できます。
    登場人物が多く、またよく話すのですが、どの人物のキャラクターにも、「あ、こんなところ自分にもあるな」と思いながら読み進んでます(自分があまり認めたくない部分ですが)。

    これが古典の醍醐味というか、救われる部分ですが、自分の悩みから何百年も前の人が同様に抱えていたようだから、あまり急くこともないのかな、って気になれます。

  • カラマーゾフの兄弟<1~4巻>

     『罪と罰』同様に事件前から事件後にいたるまでの心理描写を徹底的に行い、主人公達の行動の動機や結果から生じる心境の変化などをしっかりと描写しています。感情の起伏が激しいので、強い感情や、弱すぎる感情の極端な描写が苦手な方には読みづらい個所があるかもしれません。3人の息子のものの考え方がそれぞれ違うので一面的な描写に偏らずに拡がりがある反面、作品としての統一感を得るのに苦労する作品です。ただ、読み進めるとその起伏や分裂状態こそ、ドストエーフスキイにとっての人間理解の現われであることが次第に伝わってきます。
     重量感のある作品ですが、推理小説のような事件の解き明かしや、愛憎の純粋な描写など物語作品としても完成度が高く、教養としての価値を超えて楽しめる作品です。

  • カラマーゾフスタートに、この訳ではきついのかも。
    私は、新潮文庫版→光文社古典文庫版から入ったので、なんとか読めたし、
    今では差別用語でひっかかるだろう表現が、むしろ新鮮。時代の流れも感じる。
    ひと時代昔の表現が、いまストレートに響き、それがまた興味深い。
    すげえことばを使っているなあという、
    でも、振り返る材料にもなる。

  • 一粒の麦は只の一粒だが、地に落ちれば多くの実を結ぶ。冒頭のヨハネの福音書と物語との関係が20年前の初読では分からなかった。確かに家族の紹介が長いし戸惑う。しかし僧院での会合からドライブがかかって、穏やかに喋っていたヒョードルが突然激昂する辺りから登場人物のキャラが立ってくる。こんな人間を自分は知ってる。そうやって少しずつ実感できる人間を拡げていけば、長老の逸話を始めとする宗教談義も面白くなってくる。ドミートリーがアリョーシャに語る詩を読んだら彼に父親殺しなんか出来ないと分かるはず。物語は始まったばかり。

  • めっちゃ読みたい
    けどめっちゃ読みたくない

  • 二度めだけあって、読みやすい。
    スメルヂャコフのキリスト否定論(p268)は後の事件の暗示かな。
    スネギリョフと息子イリューシャの砂嵐のシーンが印象的で、この辺りからおもしろくなってくる。イリューシャはスネギリョフの父親の名前からとったようで、愛が感じられる。良い。

  • カラマーゾフ一家の喜劇的な悲劇を描くドラマ…と捉えてよいのだろうか。
    同じ父親から生まれても、三者三様の人間性を持つ三兄弟の絡みが面白い。
    ドストエフスキーの人間に対する考察力、そしてそれを深みのあるキャラクターへと還元していく圧倒的な力に圧巻。長老の話は非常に教訓的で、思わずページに折り目をつけてしまった。
    個人的には三男のアリョーシャが好き。
    これからどうなるか、楽しみ。

  • 名著を読んでみようと手に取った。斉藤孝さんの影響をうけたのだ。
    ふうん、これが名著といわれている本なのか・・・などと思いながら読んだ。
    フョードルは欲深く、性欲が強くガツガツしている嫌なキャラクターだ。どこがおもしろいんだろう・・・と思いながら、物語に入り込むことができなかった。登場人物の名前が長いのと、誰が誰だかわからなくなってくるのがますますつまらなくした。こういった小説を読むのは久しぶりだったため、読みにくさを強く感じた。登場人物リストを作ればよかった。
    面白さをまだ感じないが、読み進もう。

  • 岩波文庫から出ているこの本は、他の出版社から出ている同じ題名のものと違って冒頭に解説があります。解説ではドストエフスキーがこの本を書いた背景のほかに、主要な登場人物の紹介、小説における立ち位置などが書かれています。この解説により、本編の内容をスムーズに理解することができました。ここでは内容には触れませんが、解説の豊富さや本文の面白さを考慮して★5評価です。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4003261496
    ── ドストエーフスキー/米川 正夫・訳《カラマーゾフの兄弟〈1〉19570205 岩波文庫》全4巻
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%A5%C9%A5%B9%A5%C8%A5%A8%A5%D5%A5%B9%A5%AD%A1%BC
     

全37件中 1 - 10件を表示

ドストエーフスキイの作品

カラマーゾフの兄弟〈第1巻〉 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする