何をなすべきか 下 (岩波文庫 赤 637-2)

制作 : 金子 幸彦 
  • 岩波書店 (1980年6月発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 14人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (387ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003263723

何をなすべきか 下 (岩波文庫 赤 637-2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ストーリーとしては単純なもので、ロプホーフ、ヴェーラ、キルサーノフの三者が主体となって恋愛、結婚、合理的な裁縫店の経営というように展開していきます。しかし、本書の最も重要なファクターは、ラフメートフとヴェーラの夢であると考えられます。
    ラフメートフは他者の痛みや喜びを自分のもののように考えられる人物で、チェルヌイシェフスキーの理想とする社会主義の体現者であるとされています。その彼は、物語中登場するのはほんの短期間ですが、最後の場面において物語の舞台に帰還することが告げられており、これは革命が近いことを暗示しています。また、ヴェーラの夢に現れる宮殿、水晶宮はユートピア的社会主義社会のことで、この部分は著者の示唆していることが分かりやすいと感じました。
    本書はドストエフスキーの「地下室の手記」の反駁対象ともなっているため、一緒に読むとより面白いと思われます。

全1件中 1 - 1件を表示

チェルヌイシェーフスキイの作品

何をなすべきか 下 (岩波文庫 赤 637-2)はこんな本です

ツイートする