愛神の戯れ――牧神劇『アミンタ』 (岩波文庫)

制作 : 鷲平 京子 
  • 岩波書店 (1987年5月18日発売)
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003271018

愛神の戯れ――牧神劇『アミンタ』 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 訳者による解説が50ページほどあり、充実している。

  • バレエ『シルヴィア』の原作。ということで読んでみた。

    ツンデレニンフ・シルヴィアと純情牧人・アミンタとのシンプルな恋愛劇。

    思っていたより読みやすくて、普通に面白かった。

  • いまは廃れた「牧歌劇」というジャンルのベストセラー、ミリオンセラー?作品。
    参加したシンポジウムでとりあげられた作品で、実は読むのは2回目。
    1回目は、ふ~んナカナカ面白いじゃん。くらいに思ってましたが、2回目はツッコミどろこ満載。おいおいおいおいおいおいおいおい!!!!くらいにツッコミました(笑)
    最近岩波文庫で復刊され、すてきな挿絵もついていますし(なぜか女主人公だけ露出過多・・・)ぜひ多くの人に読んでほしい作品だと思いました。訳文もステキです。

  • 16世紀 イタリア

    欲しいのは大切なものだけ

    自由な心を押さえつけられ窒息している詩人

  • 愛は失いかけて気づくものなのかもしれない。
    神々の愛の言葉たち

全5件中 1 - 5件を表示

トルクァート・タッソの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ノヴァーリス
ドストエフスキー
アポロドーロス
有効な右矢印 無効な右矢印

愛神の戯れ――牧神劇『アミンタ』 (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする