絵のない絵本 (岩波文庫)

制作 : 大畑 末吉 
  • 岩波書店 (1975年11月17日発売)
3.48
  • (11)
  • (24)
  • (43)
  • (6)
  • (0)
  • 232人登録
  • 26レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003274132

絵のない絵本 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 081202(n 090314)
    090924(a 091104)

  • アンデルセン不朽の名作。
    私は第16夜が一番好きです 泣ける

  • 表紙書きから
    ~月は毎晩やってきて、自分が空の上から見た、いろいろな国のいろいろな人に起ったできごとを、あれこれと話してくれた~淡く美しい物語~
    あとがきから
    月の語る一つ一つの物語は真珠のように完全で、全体は万華鏡のように多彩で美しい

    情景を思い浮かべることができる絵のない絵本
    いろいろな国のいろいろな時代を、本当に美しい万華鏡を観ているような感覚で読める素敵な絵本だと思いました。
    第三十一夜 熊と兵隊ごっこをするお話し
    第三十三夜(最後の一話) 小さな妹がとなえる「主の祈り」のお話し
    が好きです^^*

  • 美しい本ですね、この歳まで、読んでなかったんです。

  • 寂しい絵描きと月の物語。快い話をする月に耳を傾ける絵描き、その話は古今東西に及ぶ。
    1つの話はどれも簡潔で読みやすい。子供らしい可愛らしさや儚い女が印象的だった。月が話すという幻想的な光景が美しい。

    月が一番寂しいんだろうと思った。

  • まったく内容を知らずに読む。
    絵のない絵本だった。

  • かれこれ15年近く前のこと。
    覚えていない(2014年記載)が、いま娘がこの本を手にした。岩波文庫は字も小さく、訳文も固そうだったので、新たに角川文庫版を買った。どれくらい訳文違うのか、比較して読んでみたらを言ってみた。

    これ(アンデルセン)を読んで旅が好きになってくれると嬉しいです。

  • 絵よりも絵画的。

    物語を読むだけで、美しい情景が、細やかな旋律が脳裏に浮かぶ。
    月ってかすかな切なさを演出するのにうってつけの装置だと思う。

  • 町に出てきた孤独な絵描きに、月はさまざまな物語を語って聞かせる。
    見知らぬ街でも月だけが見慣れた相手であり、彼の孤独をなぐさめてくれた。

    33編の美しい物語。
    物語というか、月が見たところのなんともロマンティックな風景の描写ともいえようか。

    アンデルセンが旅行好きだったこともあって、舞台は様々なところにまで及びます。

  • 情景を想像しながら、スケッチブックに描いてみたい三十三夜

全26件中 1 - 10件を表示

アンデルセンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘルマン ヘッセ
梶井 基次郎
村上 春樹
フランツ・カフカ
ヘミングウェイ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

絵のない絵本 (岩波文庫)に関連する談話室の質問

絵のない絵本 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする