白い病 (岩波文庫)

  • 岩波書店
4.17
  • (22)
  • (26)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 402
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003277430

作品紹介・あらすじ

戦争目前の世界で、突如「雪崩のように」流行り始めた未知の疫病。大理石のような白い斑点が体のどこかにできたが最後、人は生きながら腐敗してゆく。そこへ特効薬を発見したという貧しい町医者が現れたのだが——。死に至る病を前に、人びとは何を選ぶのか? 一九三七年刊行の名作SF戯曲が、現代の我々に鋭く問いかける。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 流行している病気の治療を受ける条件は、お金ではない…

    立場、年齢、地位などにより考えることは違う。立場が変わらなければ、見えない事もあり、解らない。考えさせられた。
    読んでいて、人間味を失っていく様子が怖いと思った。

  • 第二次世界大戦前に描かれたチャペックのパンデミックを扱った戯曲。

    40代以降の人物しか罹らない白い病。致死率100%、治療法は見つからない。

    その状態で、貧しい町医者が治療法を発見する。だが、彼はある条件をもとに枢機卿顧問官や元帥に治療法を渡すことを拒む。

    自身が診察をするのは本当に貧しい人物だけ。

    皮肉な戯曲だと思った。医師と政治家たちの意思の違い。それは互いに患者や国民のことを考えているようで、全く違うと私は感じた。

    チャペックはこの元帥にヒットラーの姿を見ていたのだろう。
    今も世界はとてもきな臭い。そんな時にこの本が翻訳されて出るのもまたとてつもない皮肉だ。

  • 謎の伝染病、通称「白い病」の流行により大勢の死者が出ているある国。国立リリエンタール大学病院の教授にして枢密顧問官でもあるジーゲリウスのもとへ、一人の町医者がやってくる。彼、ガレーン博士は、白い病の治療方法を見つけたというが、それを頑なに教授に教えようとせず、引き換えに到底不可能なある条件を提示し…。

    1937年に刊行されたチャペックのパンデミック戯曲。まさにコロナ禍の今を思わせる内容で身につまされる。枢密顧問官にこんなセリフ「パンデミックだ。雪崩のように世界中で流行する病気のこと。いいかね、中国では毎年のように興味深い新しい病気が誕生している。(16頁)」もあり、まるで予言のようだ。

    ただコロナとこの白い病の決定的な違いは、白い病は40代~50代、つまりアラフィフ世代にしか感染しないという点。子供や若者は安全で、すでにある程度の地位や権力を持つ初老の人間のみが感染してしまう。

    患者たちはこんな病が流行したことについて「ああ、理由はあるよ。この世に人間が増え過ぎたってこと、だから、ほかの連中に場所を明け渡すために、我々の半分を厄介払いしようってわけ。(11頁)」と言い、感染の心配のない若者たちは「だって、今の若者にはチャンスがないの、この世の中に十分な場所がないの。だから、私たち若者がどうにか暮らして、家族をもてるようになるには、何かが起きないとだめなの!(39頁)」と言う。

    そして新聞記者の質問に枢密顧問官はこう答える「そう。では……では、こう書きなさい……ただ、この病を受け入れるしかないと。(19頁)」

    特効薬をみつけたガレーン博士は、著者自身の解題によると「ある種の平和のテロリスト」であり「ユートピア的脅迫者」とも呼ばれている。博士は言う「軍艦をつくるのと同程度の予算を病院に充当すれば――(71頁)」彼は貧しい人々しか治療せず、金持ち(軍事産業で成功したクリューク男爵や、国家元帥)には、あることを要求する。

    戦争で儲けたい者、とにかく戦争がしたくて仕方ない者は、博士の要求を聞き入れようとしないが、結果的には自分の命と秤にかけて、当然の判断をせざるをえなくなる。しかしそのとき博士は…。ラストはなんともいえない後味。希望が全くないわけではないけれど、本当に愚かなのは誰なのか、鋭い切っ先を突き付けられた気がする。

  • 1937年の作品。独裁者である元帥が戦争準備を進めつつある国において、治療法のみつからない未知の感染症が蔓延している。チェン氏病と呼ばれるこの病に罹った患者は、初期に皮膚に白い斑点が現れ、やがて臭気を放ち、肉を腐らせて死んでいく。そして感染者は45歳から50歳以上の年齢の人間に限られている。隔離する以外に打つ手のない大学病院長(枢密顧問官)のもとに、治療法を知るという町医者ガレーン博士が現れる。ガレーンは大学病院で貧しい患者のみに治療を施して全快させ、治療薬の有効性を証明する。貧しい人間のみにしか治療を施さないガレーンは、薬の配合を教える交換条件の要求内容で人々を驚かせる。

    戦争の熱狂に批判的な眼差しを向ける、全三幕の戯曲。幕ごとのタイトルは「枢密顧問官(大学病院の院長)」「クリューク男爵(軍需企業の経営者)」「元帥(独裁者)」と、物語の舞台となる独裁国家の重要人物から取られている。カバーの紹介文にはSF戯曲とあるが、パンデミックの発生と病状が描かれる以外、いわゆるSFらしさはない現実的な展開。帯にある「閣下、握手はできません…私は…<白い病>なんです」というセリフの使われ方は想像とは違い、感動的なシーンではなかった。筋を追うだけなら、かなり短時間で読める。

  • 文庫化で再読。非常事態宣言下でnoteの連載で読ませてもらったときは、話の展開を追うのに意識が集中していた。今回は作者による前書きや解題・訳者による解説も加わって、本作への視座が深まる。作者はパンデミック災禍を体験した訳ではなく、遠い昔の感染症を架空の病に置き換えて、人間の矛盾を描いたという経緯に驚き。短い戯曲に詰められた鋭さが見事。

  •  コロナ禍の中、カミュの「ペスト」や、デフォーの「ペスト」が読まれているようだが、本書も"白い病"と呼ばれるパンデミックを題材として扱っている、ということで、興味本位で手に取ってみた。  

     カバー裏には、突如流行り始めた未知の疫病。そこへ特効薬を発見したという医者が現れるが、施療に際し、彼は一つだけ条件を提示した、と筋のあらましが紹介されている。
     果たして、彼の示した条件とは?そして、人々はその条件を承諾するのか?

     この戯曲は1937年の作品であるが、作者チャペックの生きた、かなりキナ臭くなってきた祖国チェコを取り巻くヨーロッパ情勢が、作品の背景として思い起こされる。
     本作の結末は、抑制の効かなくなる現代社会を象徴しているようで、実に悲劇的であるが、作者は完全に絶望している訳ではなく、一抹の希望を残してくれている。
     
     短い作品であるが、汲み取るべき課題は重い。

  • 海山社からも出るから読み比べ。

    岩波は「クラカチット」を蹴った。と何かで読んだ記憶がある、、、

    白い病 - 岩波書店
    https://www.iwanami.co.jp/book/b515909.html

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      【連載】岩波文庫で読む 「感染症」第2回|パンデミック・シミュレーター カレル・チャペック『白い病』|山本貴光|コロナの時代の想像力|not...
      【連載】岩波文庫で読む 「感染症」第2回|パンデミック・シミュレーター カレル・チャペック『白い病』|山本貴光|コロナの時代の想像力|note
      https://note.com/iwanaminote/n/n3b8a42da6983
      2021/06/19
  • 致死率の高い謎の伝染病の流行するなか、人間愛を貫く事は出来るのか。
    際限のない欲にかられ戦争が繰り返されていた時代に。
    疫病と戦争と言う、いやが応にも人間が露わになる舞台。描かれる物語に、多くのことを投げかけられた。

  • 「疫病」をモチーフにしているが、内包される問題意識はとても重層的。

  • パンデミックを背景にファシズムと日和見主義を風刺した戯曲

    チャペックは、ヨーロッパの民主主義とヒューマニズムの理想を蝕む道徳的腐敗の具現化として未知の疫病を選んだ。それは肉体的な病ではなく、社会的な病を解決するためのものであり、全体主義の蔓延に対する警告でもある。

    ガレーン博士の理想主義は、元帥の戦争への熱狂と同じくらい絶対的で、二人は自己破壊的なメサイアコンプレックスに苦しみ、皮肉な結末を迎える。それとは別に、元帥の娘と若いクリュークは、かすかな光として描かれている。これは人間の本質において、より良い天使に触れ、希望を持ち続けようとする呼びかけなのかも。

    「神は、人間をその本質が天使と獣類との中間に存するものとしてつくり給うた」
    読後、アウグスティヌスの言葉を思い浮かべた。

    現在、新型コロナウイルスを封じる戦いが続いており、この反軍事的なユートピア劇の道徳的な側面は、より一層共鳴する。

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一八九〇年、東ボヘミア(現在のチェコ)の小さな町マレー・スヴァトニョヴィツェで生まれる。十五歳頃から散文や詩の創作を発表し、プラハのカレル大学で哲学を学ぶ。一九二一年、「人民新聞」に入社。チェコ「第一共和国」時代の文壇・言論界で活躍した。著書に『ロボット』『山椒魚戦争』『ダーシェンカ』など多数。三八年、プラハで死去。兄ヨゼフは特異な画家・詩人として知られ、カレルの生涯の協力者であった。

「2020年 『ロボット RUR』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カレル・チャペックの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
テッド・チャン
ケイト・ウィルヘ...
アゴタ クリスト...
劉 慈欣
川越宗一
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

白い病 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
ツイートする
×