秘密の武器 (岩波文庫)

著者 :
制作 : 木村 榮一 
  • 岩波書店
3.86
  • (5)
  • (10)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 111
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003279038

作品紹介・あらすじ

悪夢、幻想、狂気-本書は言語化されたコルタサル自身のオブセッションであり、読む者をその妖しい魔力で呪縛して読後に烈しい恐怖と戦慄をもたらす、不気味で完璧なオニリスムの結晶である。幻想小説の至高点を求め続けた短篇の名手コルタサルの、その転換期の傑作「追い求める男」のほか、息詰まる緊張感をはらんで展開する四篇を収める。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  たぶん初・ラテンアメリカ文学! ひゃっふー!
     全体的によう分からんところが多かったが、不思議とつまらないものを読んだ気がしなかった。
     あと書き出しがイケてる。

    ■母の手紙
    「仮釈放とはちょうどこういう状態を言うのだろう。」
     母が手紙で死んだ兄貴がパリにやってくると書いてて、そしたら兄貴に似てるっぽい人に嫁(※兄貴の元恋人)が会いに行ったっぽいけど、似てたかといえばそうでもないっぽい、そんな話っぽい。
     どこまでも「っぽい」話だった。
     徐々に徐々に明らかになっていく夫婦の事情がそこはかとなく不気味。

    ■女中勤め
     上流階級の人間が下流の人間の頬を札束でひっぱたくような話。フランシネ夫人の心の底からの悲しみは踏みにじられている。
     なんとなく、モーパッサンの『脂肪のかたまり』や芥川龍之介の『芋粥』を思い出した。

    ■悪魔の涎
     世にも奇妙な物語チックな、この中ではかなり分かりやすい部類のお話だったかな。

    ■追い求める男
     訳者いわく「時間の外の世界」を求めて格闘する天才サックスプレイヤー(ただし重度の麻薬中毒者である)なジョニーと、そんな彼に密かな劣等感を抱く評論家のブルーノ。
     ジョニーはてんで滅茶苦茶だが、彼の言っていることを理解できない自分もブルーノと同じような気分になる。麻薬中毒者の戯事と聞き流せない不思議。
     文章家は音楽家に対して少なからずこんな気持ちを抱くんじゃないだろうか。文章で書いた音楽は、どうがんばっても欠落する。生の音楽を、デジタルが完全に再現できないように。
     ジョニーが死んで、ブルーノが得た平穏は後ろ暗い。

    ■秘密の武器
    「ベッドを整えるというのが単にベッドを整えることでしかなく、握手をするというのがつねに相手の手を握ることであり、鰯のかん詰を開けるというのが同じ鰯のかん詰を無限に開け続けることである、一般にはそう信じられているようだが、考えてみればおかしなことだ。」
     これも、世にも奇妙な物語っぽい話。昔彼女を虐待した男の霊っぽい何かに取り付かれた男の話っていうか……解説を読んでも、他に解釈のしようがあるんじゃないかと疑ってしまうわ。

    原題:LAS ARMAS SECRETAS

  •  五つの短編を集めた短編集。
     うち「悪魔の涎」と「追い求める男」は別の短編集ですでに読んでいたので、再読となる。
    「悪魔の涎」は内容をすでに知っている状態で読むと、やはり面白みは減少する。
     ちなみに映画「欲望」の元になったのがこの「悪魔の涎」。
     この映画、観てはいるのだが、ジェフ・ベックとジミー・ペイジのツイン・リード・ギタリストを配したヤード・バーズの演奏シーンのみを目当てとして観たため、筋は殆ど覚えていない(汗)。
    「追い求める男」は何度読んでも面白い。
     まさに時間を忘れて読みふけってしまう。
     この「追い求める男」はチャーリー・パーカーの伝記を史実になぞって書かれているとのこと。
    「追い求める男」以上に面白く読めたのが「秘密の武器」。
     最初は何が起こっているのか曖昧模糊としているが、決して楽観視できない、不安で、不穏で、どことなく嫌な空気が充満した状況で話が進む。
     そして最後になって、この不可解な状況が明白になると「そういうことだったのか!」と謎が明かされ、目の前が急に開ける。
     ただし、その開かれた世界も決して楽しいものではない。
     内容としては、割と既視感を覚えるものなのだが、こういう書き方、こういう手法で作品を構築していたのか! という驚きは隠しきれなかった。
     僕以上に本を読んでいる方も多くいるだろうし、そういう方からみれば「こんな手法だってありふれているよ」と言われそうだが、僕にとってはまさに「目からうろこ」だった。
     もし、これから読まれる方がいらっしゃるとしたら「作品内の語り手の視点に注意して読むと面白いかも」とアドヴァイスできると思う。
     作中人物本人なのか、本人に寄り添っているもう一人の本人(あるいは別人)なのか、「ぼく」として語られているのか、あるいは「ぼくたち」として語られているのか……。
     残りの二編「母の手紙」「女中勤め」も面白かったのだが、他の三篇と比べると僕にとっては少し弱かった。
     よって星は四つ。

  • 「悪魔の涎」「追い求める男」は、別の短編集で既読。

    読んでいる時の心情は、現実と幻想の境界線がなくなるというより、現実のなかの染みのような幻想に気づいてハッとする感じ。恐怖感というほど大げさなものではなく、違和感くらいの小さな幻想要素の効かせ方がいい塩梅で、「あーコルタサルー」と身悶えしてしまった。そして読み終わったら読み終わったで、ジリジリとこちら側の現実に食い込んでくる感覚がたまらない。

    コルタサルは癖になる。

  • 「母の手紙」
    会話に現れないことが対話の中心を占めているというのは、よくあること。
    デリケートな遣り取りを通じて、主人公は最終的に帰れない地点に来ている。
    空恐ろしい。

    「女中勤め」
    これは正直にいえばよくわからず。

    「悪魔の涎」
    既読。

    「追い求める男」
    既読。

    「秘密の武器」
    主人公の精神の揺らぎが、はじめは何なのかわからず。
    未来視なのか過去の亡霊なのか、と。もちろん終盤に明かされる。
    こういう語りの技術が生き生きする作品のほうが好きだ。
    不穏な雰囲気を文章でどうやって出せるのだろう。

  • 『遊戯の終わり』のレビューでも同じことを書いた。ベストセレクションと言える『悪魔の涎・追い求める男〜コルタサル短編集』と比較すると(「悪魔の涎」と「追い求める男」がかぶっているため、そのほかの収録作品で比較すると)、やや落ちるか…。
    本書の中で私の気に入りは「女中勤め」。文句なく一番面白い。次に「秘密の武器」だけれども、読了直後あまり好印象のなかった「母の手紙」は、このレビューを書くために思い出してみるとじつは結構薄気味悪いと気づく。
    スルメちゃん。

  • 不思議な短編五編からなる短編集。

    反復される内省的な記述や地の文への主観の混ぜ込み方が、
    自分にはややわざとらしく感じられ、
    大はまりするには至りませんでしたが、
    それでも、作家のポテンシャルを感じさせるに十分な内容でした。
    括弧書きを多用するより、安部公房風の表現にしたら合いそう。

    アルゼンチンの作家らしいのですが、
    舞台のほとんどが欧米ということもあり、
    あまりそういう印象はなかったですね。
    むしろ表現のすっきりしたポーとか、そんな感じの作風です。

    まぁ、でもこの一冊だけだと、
    ポテンシャルは高そうとしか思えなかったので、
    いずれもう一冊読んでみたいですね.

  • よくわからない不安や怖れがあとに残る短編集だが、嫌な感じではない。
    「追い求める男」が一番好き。「秘密の武器」や「悪魔の涎」も良かった。コルタサル他のも読もう。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。
    通常の配架場所は、1階文庫本コーナー 請求記号:963//C88

  • 2012/10/7購入

  • 表題作の「秘密の武器」は、なんとも表現しがたい不気味なサスペンス。個人的には「悪魔の涎」が面白かった。主人公の視点が最後で転換(どんでん返しとはちょっと違う)してしまい、主体(見る側)と客体(見られる側)が一瞬にして入れ替わってしまう感覚が衝撃的。不勉強につき、この作品がアントニオーニの映画「欲望(ブロウアップ)」の元ネタだったとは知りませんでした。

全14件中 1 - 10件を表示

コルタサルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アゴタ クリスト...
エイモス・チュツ...
バルガス=リョサ
ポール・オースタ...
三島 由紀夫
イタロ カルヴィ...
ガブリエル ガル...
フランツ・カフカ
遠藤 周作
フアン・ルルフォ
リチャード ブロ...
ポール・オースタ...
M.バルガス=リ...
有効な右矢印 無効な右矢印

秘密の武器 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする