語るボルヘス――書物・不死性・時間ほか (岩波文庫)

著者 :
制作 : 木村 榮一 
  • 岩波書店
4.20
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003279298

作品紹介・あらすじ

「書物」「不死性」「エマヌエル・スヴェーデンボリ」「探偵小説」「時間」-。1978年にブエノスアイレスの大学で行われた連続講演の記録

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトル通り、小説ではなく1978年ベルグラーノ大学での講義の書籍化。全5回のテーマは、書物、不死性、エマヌエル・スヴェーデンボリ、探偵小説、時間。

    書物や時間、不死性というのはいかにもボルヘスっぽいテーマだなと思うのだけど、探偵小説は意外だった。おもにエドガー・アラン・ポーの話で、「鴉」の解説とか、デュパンくんものの分析など面白かったけど、ある意味ネタバレ?(笑)

    書物を義務として読むのは誤りであり、読書はあくまで幸せになるための方法のひとつであるべき、というモンテーニュの意見を支持するボルヘスは「読者が難解と思うような作品を書いたとすれば、それは作者が失敗したということです。ですから、読むのに大変な努力を要する作品を書いたジョイスのような作家は、本質的に失敗していると考えられます。」とバッサリ。それはジョイスが可哀想と思う反面、実はユリシーズ序盤で挫折した前科のある私は「ですよね~」とも思ったり。

    時間や不死性の話は哲学的でちょっと難しい部分もあるけれど、ひとつひとつの講義はそれほど長くなくコンパクトにまとまっているのでとても読み易かった。

  • ベルグラーノ大学で行われたボルヘスの講演記録です。
    幻想的な小説で知られる著者の世界観と、脱帽するほどの知識量に圧倒されます。
    哲学的であり神学的であり、論理的・科学的でもある語りに魅力を感じました。
    また、ボルヘスの本を読みたくなる一冊。

  • 難しかったけれど「探偵小説」は身近な話題で面白かった。

  • あれ、読んだことないボルヘス?と思ったが、『ボルヘス、オラル』の同じ訳者(木村榮一)による新訳。買った。訳は並べてないから分からないけど、注釈が増えている模様。
    これと『七つの夜』はボルヘジアンならずとも必読。両方とも文庫で手に入るようになってよかった。

    薄いのでみんな読んだらいい。

  • ボルヘスの講義録。
    薄い文庫本なのであっさり読めるかと思いきや、内容はかなり濃い。探偵小説について生き生きと語るのが印象的だった。

全6件中 1 - 6件を表示

J.L.ボルヘスの作品

語るボルヘス――書物・不死性・時間ほか (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする