ジャンプ 他十一篇 (岩波文庫)

制作 : 柳沢 由実子 
  • 岩波書店
4.50
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003280218

作品紹介・あらすじ

多くの作家や詩人が国外に亡命したり獄中死などの悲惨な最期を遂げるなか、南アフリカに踏みとどまって、白人の立場から人種差別批判の作品を発表しつづけた南アフリカのノーベル賞作家ナディン・ゴーディマ(1923‐2014)。アパルトヘイト全廃が法的に決定した後の、新しい社会体制へと移行する人びとの動揺や不安の心理を描いた珠玉の短篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 白人の側からアパルトヘイトを批判し続けた著者が見た、社会体制の過渡期11篇。

    どれも素晴らしいが「究極のサファリ」「銃が暴発する寸前」、そして「釈放」「ジャンプ」が特に印象に。

    去年著者は亡くなられているのか。

  • 祝文庫化!

    岩波書店のPR
    「多くの作家や詩人が国外に亡命したり獄中死などの悲惨な最期を遂げるなか、南アフリカに踏みとどまって、白人の立場から人種差別批判の作品を発表しつづけた南アフリカのノーベル賞作家ナディン・ゴーディマ(1923―2014)。アパルトヘイトの全廃が法的に決定した後、新しい社会へ移行する人びとの動揺や不安の心理を描いた珠玉の短篇。 」

全2件中 1 - 2件を表示

ナディン・ゴーディマの作品

ツイートする